2011年3月6日

VL-202VHをVL-200VHと間違って購入。

富士通のVL-202VH、中古で1万ちょい。家族用のMac miniのディスプレーとして購入しましたが、スピーカー付きがいいとのことで、結局L567をマックにつなぎ、VL-202VHが自分用になりました。VL-202VHは、勘違いしてまして、富士通製MVAパネルかと思ってたのですが、どうもLG-IPSのようですね。液晶画面に傷もなく、躯体に変色もなく、並んでいた中古モニターの中では表示もきれいだったので、勢いで買ってしまいました。MVAはVL-200VHだけみたい。

Macminiは現金値引きがあまりにしょぼいので、ポイント15%で買いました。最近はヤマダ嫌いでほとんどヤマダ電機では買わないのですが、周辺では一番安いので仕方なくです。付いてきた10,000円弱程度のポイントも、今度いつ使うかわからないので、速攻でモニター購入に充てました。

今さら感もありますが、中古やジャンクを購入してレビューするのが、唯一の趣味?ですのでやっときましょう。

ザラザラ

裏を見ると2007年7月製でした。IPSで視野角は問題ないですね。ザラザラ感は結構ありますが、モニターから60センチ程度目を離して使うのであまり問題ないです。50センチ以下に近づくと結構気になります。明るさを30程度まで下げて、色温度を5500K程度にしました。6500Kでは、かなり青いですね。数日使っている限りは特別、目が疲れる感じはないですね。個人差はあるのでしょうが、当方は視力左0.8右1.2程度。やや乱視あり。星とか街灯がどれだけたくさん?というか輪郭がぼやけて見えるかで、目の疲れ具合を判断してますが、これは今のところ大丈夫そうです。

バックライト

紫色のバックライト漏れがあります。室内を暗くして、斜めから覗くと、確かにスゴイです。でも、通常使用の蛍光灯のついている室内では全く問題ないでしょう。

VL-VH202VH

暗い室内でデジカメで撮ると極端に色が出てしまうが、目視ではここまでひどくない。手ブレはご愛嬌。

色ムラ

左上から右下にかけて微妙に色が違う。左上は赤く、右下は黄色い。これもごくわずかで、LCDチェッカーで全面単色表示して、中間グレー表示でわかる程度だが、プロユースではきっとこの程度でも問題にするんだろうなあ。輝度ムラはほとんど感じない。4隅が暗くなる症状もない。富士通は一台づつ調整していると書いてあるからある程度の補正をしてあるのかな。L567に黒ズミとムラが出てきてしまったのを見てがっかりした後なので、この程度ならなんとなくホッとします。

VL-VH202VH

↑上の画像の色ムラ、ノートパソコンでは色の違いがわからんかった。もちろんVL-202VHやダイヤモンドトロンCRTでは、しっかりと確認可能です。

アナログ接続

アナログ接続の画質がなかなかいい。ビデオカードの性能にもよるのでしょうが、デジタル接続とほとんど変わりません。目を凝らしてよく見ると、ごくわずかに右側に薄く残像が出る程度。

調整項目

VL-200VHと比較すると、調整項目が増えています。これは、かえって便利ですね。USERモードでRGB各色のゲイン、CUSTOMモードでガンマ1.8~2.6、色温度5000K~10000Kまで調整できます。

画質

拾い物のグレースケールで確認すると、明部はRGB250、暗部はRGB3まで表示確認できた。L567より明部はやや苦手。階調は特に問題なく滑らかだ。

VL-VH202VH

上の右側がVL-202VH、下の右側はL567。左の謎のS-PVAモニターについては、またの機会に。

L567

メーカーページには10bitガンマ補正、高速応答などと書いてある。
VL-202VH
VL-201VHには、10bit補正の記載はないが、対応してるんじゃあないだろうか。パネルの仕様もいっしょだし、調整項目もいっしょ。型番変えて値下げしただけじゃないのかな。

動画

とくに残像も気にならず、問題ない。ゲームやらない。

というわけで、間違って購入したわりには、まあまあいいかもという結論。最近はワイド画面ばかりになってしまって、縦方向のドットが減らされているのが多いですよね。フルハイビジョンの1920×1080が主流になってます。

液晶パネル

必要もないのに裏面カバーをはずして確認しました。LGのLM201U04 (SL)(03)と書いてありました。
LM201U04は、同時期の多くのモニターに使われていたようですが、SL02はあるけど、SL03は他に見かけませんね。

いつの間にか消滅していたUXGA(1600×1200)

自分が液晶ディスプレーに乗り換えたのが遅かった性もあるけど、UXGAもすでに絶滅危惧種だったんですね。2007年以降は新製品がほとんどありません。今でも新品で販売しているのも、ごく一部。日本のメーカーではナナオのL997とS2100、NECのLCD2090UX、LCD2190UXpぐらいしかありません。画像を扱う一部の高級機種がかろうじて、継続販売されているだけです。時代の流れの実に速いこと。でも、逆に考えれば、人気?需要のなくなった使い勝手のいいUXGA(1600×1200)の液晶モニターなら中古で1万円前後で買えるわけですから、お買い得感はありますね。程度にもよりますが。

楽天市場でVL-202VHを探す。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net