2011年2月18日

PIXMA iX6520発売。iX5000の後継機?なぜか日本名はiX6530。

ロングセラーだったiX5000にようやく後継機登場のようです。

ix6520

プリントヘッドはiP4820と同じで、残念ながらインクカートリッジも同じ。この小さなカートリッジでA3写真プリントしたら何枚プリントできるやら?耐久性も心配ですね。iX5000のように剛性のあるシャーシを引き継いでいるわけでなく、iP4820を長く伸ばしたような、チープな躯体のようです。やけに軽い。7.5Kgしかありません。iP4830が5.7Kgですから1.8kgしか差がない。でも、ノズル数は大幅アップしてますから、印刷スピードはさすがにかなり速くはなっているでしょう。

コストダウンで省略された点も結構あります。LAN接続、無線LANは出来ません。ピクトブリッジでデジカメからのダイレクト印刷も未対応。さらに、背面給紙のみで前面給紙はありません。

日本発売は?

早ければ3月ぐらいには、発表&販売されるのでは?価格は23,000円前後でしょうか。くれぐれも、安さにつられて後悔しないように、欠点を抑えた上で購入しましょう。特に、A3写真プリントを目的での購入は、よくよく考えたほうがいいです。インク容量がここまで少なくなった現在、キャノンで光沢写真プリントの印刷コストが一番安いプリンタはたぶんPRO9000です。まあ、本体の価格差が倍ぐらいありますから、たまにA3プリントならこっちで充分ですけどね。

写真プリントを全くしないで、図面や文書中心であれば、iX5000がコスト、耐久性で安心です。仕事で使って気にっているなら、今のうちに複数台確保するのもいいかもしれません。

インクジェットプリンターは、ラインナップがとても絞られてしまっているので、ありそうでない仕様のものが結構あります。A3プリンターでフォトブラックインクのある4色染料プリンターは、現在日本では売っていません。海外でも、日本未発売のHP Photosmart B8550しかありません。さらに、顔料ブラックで普通紙テキスト印刷にも対応しているのも、B8550だけ。

文書とA3対応の写真プリントに対応したiX6520は、価格もお手頃だし、きっとそこそこ売れるでしょう。同じ事をエプソンでやろうとすると、プリンター2台必要ですからね。

その他、MX882などのFAX付複合機なども販売されるようですが、このへんは個人的にはどうでもいいです。FAX複合機の必要性を全く感じないので。

2月24日 iX6530発表

日本でも発表されました。以外と早かった。なぜかiX6530だそうです。それにしても高い!32,980円とは。ボッタクリですよこれじゃあ。アメリカで199ドル(17,000円弱)ですからね。上に書いたように、かなり機能も絞られてます。購入ポイントはコンパクトさにお金を出せるか?ってとこでしょうか。

ともあれ、25,000円程度には、すぐ価格が下がってくるはずです。そうじゃなきゃ売れませんからね。購入は最低3ヶ月待ってからにしましょう。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net