2015年4月3日

PH-5BVパロマ、ガス瞬間湯沸器エラーのリセット。

楽天市場で購入してわずか丸2年の、ガス瞬間湯沸かし器PH-5BVのエラーランプが点滅するようになった。調べてみると、タイムスタンプという機能で、使用回数が10万回になると、点検を促すランプが点滅するらしい。このままでも使えないわけではないが、お湯を出す度に赤くランプが点灯し、お湯を止めてからもしばらく点滅し、とても気持ちよく使える状態ではない。

取扱説明書を見ると、リセットするには電話して作業員に来てもらう必要があり、ネットで調べたら費用は8,000円程度かかるらしい。なんともまあ、バカな話だ。2年に一回お金がかかる湯沸かし器なんて聞いた事がない。

インクジェットプリンターがメーカーの都合で勝手に使えなくなる仕組みも困ったものだが、まさか湯沸かし器で同じ目に会おうとは思わなかった。PH-5BVの前はリンナイのを10年ぐらい使ったが、こんな事はなかった。

湯沸かし器がこのような仕様となったのは、ガス湯沸かし器の事故が続けて起こった性らしい。そういえば、よくニュースになって一部の湯沸かし器がリコールかかったりしていましたね。

ともかく、たった2年で10万回とは、うちの家族がいくらケチでもそんなに使うものだろうか。10万/365/2=137回/日。もしかしたら給湯スイッチを押す度にカウントされてるのだろうか?そうすると、オンとオフで一度お湯を出すだけでカウントが2回になる。それならばありうる数字かもしれない。そうすると、我が家以外にもそろそろエラーランプがつく家庭がでてきてもおかしくはないだろう。

しかし、10万回と5万回使用では倍の違いだ。これがプログラムミスの性ならリコールものではないだろうか?

お客様センターに突撃する前に、とりあえず自分で出来るか試してみた。

ガス瞬間湯沸器 PH-5BVの分解

本体下部のプラスチックのカバーを外す。これは簡単に取れる。

本体下面のプラスねじを一本外す。

本体のカバーを手前に抜く感じで外す。外すのは簡単だが、戻す時は、上部を奥に引っ掛けてからかぶせないとグラつくので要注意。

内部電子基盤は、透明樹脂でコーティングされていて、いじれるのは、左下の黒いプッシュスイッチと隣の3ピンコネクタしかない。さて、どうするか?

スイッチ長押しで電池入れればOK

まずは、単純に黒いスイッチを長押し。

お湯を出すとエラーランプ。これはダメか。

では、ルーターリセットと同じく、スイッチ長押ししながらの電源オンかな。

電池なので、電池を外し、黒いスイッチをずっと押したまま、電池をまたセットしました。

すると、ブーっと1回音がして、それから数秒後にまた、ブー、ブー、と2回音がしました。

これはひょっとするとうまくいったかも。

お湯を出してみると、、、、、、ランプはつきません。成功したようです。

そして1ヵ月後の現在。ランプは消えたままです。まあ、また2年後に同じ作業が必要にはなりますが。

警告というか、ご注意

本作業はたまたま偶然うまくいっただけで、ガス器具の取り扱いは専門の方にまかせるべきものです。ランプがついても使い続けることはできます。また、作業員の訪問サービスは最初の一回は無料のケースもあるようなので、まずは、お客様相談窓口へお問い合わせください。その際に、とても10万回なんて使っていないと主張すると、より効果的かもしれません。

パロマの窓口は、お客様相談室 052-824-5145 と 修理受付 0120-193-860 があります。どちらかで有償と言われても、とりあえずもう片方にも問い合わせてみましょう。

今回は使用回数のカウントのリセットがうまくいっただけで、不完全燃焼防止装置が作動した場合のエラー、再点火防止装置(インターロック)の解除ができたわけではありません。

製品としては、まだ製造中の現役モデルで、通常の使用には、何の不満もありません。まあ、今回の事で、少し愛着も沸きましたので、何度もリセットしながら長く使いたいと思います。逆に、対処法がわかったので、もう一台予備として保管しておいてもいいかも?


リンナイのRUS-V51XT

Rinnaiのガス瞬間湯沸かし器RUS-V51XTにも同様のタイムスタンプ機能があるようです。こちらは緑のランプの点滅ということで、赤いランプよりはまだましかな。パロマと同様、作業員を呼ぶことになるようです。

2015年12月 水漏れ発生

リセットして順調に使っていたが、内部からチョロチョロと水が垂れるようになってきた。水漏れの場所は、給湯ボタンを押すと開く給水弁のパッキン周辺。パッキンを固定しているネジを増し締めしようとしたが、元々緩んではいなかった。そこで、水道元栓を閉めて、水抜きコックを開けて内部の水を抜いてから、パッキンのネジを緩め、又締め直した。

これで、とりあえず水漏れが収まった。以後今のところ1ヶ月は水漏れは再発していない。しかし、こんなところが水漏れしたのは10年近く使った以前の機種でもなかったし、初めてだ。耐久性が落ちてるのかなあ。

2016年1月 またもや点検時期のお知らせランプが点滅

おいおい、またかよ!というわけで、またまた点検しろと催促の音声メッセージとランプの点滅が始まりました。前回のリセットからわずか10ヶ月。もしかしたら2回目からは警告が早く出るようになっているのかも。これは買い換えろと言っているようなもんですね。嫌がらせかよ。とりあえず、前回同様の手順でリセット。

さらに、今回は、黒いスイッチをそのまま押し続けるとどうなるかも試しました。

ブーっと1回音がして、それから数秒後にまた、ブー、ブー、と2回音がして、その後もしばらく押し続けていると、また数回ブーっと音がして、音声案内が流れました。

「安全装置が作動しました、なんとかかんとか、、、、」

うわー、インターロックかかっちまった。これは業者呼ばなきゃ無理か?と焦りましたが、その後普通に使えております。どうも、リセットがかかる時に、一度ランプ点滅とか、音声案内が流れる仕組みなのかもしれません。

コメントのHawksさんの情報のように、パロマの湯沸かし器にも本体カバーの裏側にはフローチャート図のような説明がありますが、リセットの具体的方法は書かれてなかったです。

4件のコメント »

  1. 大変、参考になります。(昨日、7年=製造年から言えば・もしかすれば6年・のPH-5BVの
    前型番の物が同じ現象で・もし、検索で上位に上がっていれば廃棄しなかった・と・いきなりですから・。まぁ丁度無料でリサイクル法以外で持って行ってくれるのが有ったのと、セールが有り
    リンナイですが、安く買えたので・と言っても15k円+税。後、取り付け工事費、12k+税。
    本来なら前段階で、本体と工事費を一緒に払い=クレジットカード払いをしたかったのですが、
    いざ、購入して、工事費は現金払い。工事日は来週の平日しか開いていない・。)

    で、自己責任ですが・。取り付け工事を行いました・ガス・水道位置が全く同じでしたので
    古いパロマを外す際にスパナ類で緩める事が出来たので・万が一の場合は後でも工事は頼める
    と言われてチャレンジ・。無事に取付完了。お湯も出てやれやれ・。と思ったら
    突然、水しか出ない・・「これは初期不良だ!」とリンナイに連絡し、親戚に立会をお願いし
    『完全無料=(今は、品質向上云々で録音していますから)向こうが言った事』で・。

    話によると・。(実を言うと念の為に動画撮影しておきました・)ガスコックに入っているピンが
    通常出ないのに出てしまった為にガスが送られず・。勿論、『10万回』の件が有ったので
    連絡して試して下さいと指示を受けて『無駄打ち』しているので・。(数十回)

    『新品』にするか『10万回リセット』するか(新品だと購入店で言い、改めて取付日設定=タイムラグが起こるので・。、10万回リセットを選択。 

    作業員は、蓋のフローチャートを見て
    リセット行為をしました・。パロマと違うのは・。『お湯の温度設定で着火スイッチを押しますが
    、そこを大きく回し・〝最初は低温設定で置いていました”ので・大きく回す=熱湯設定にして
    お湯は出さない様にして(元の水栓は締めていない)着火行為を行っただけデス。

    試しに逆をしてみました・。水だけ出る様にして着火スイッチを押すと・・
    赤ランプが1回点き警告音が出て、消灯。しまったか・・。と思えば・・。

    全く問題無く使用出来ています・。そうモデルチェンジはしないでしょうから・。
    (実際にPH-5BVと私が使用していた物と見た目や基盤状態が全く同じ・違いは・お節介な
    音声での警告が、五月蠅い、音声だと忙しいので、ブザーで良いと・)

    PH-5BVは同じかと思いますが・不完全燃焼の際、累積3回は使用可能で4回目になると
    『完全に使用出来ない・・別の時限爆弾?が有り・リセット方法がPH-5BVと同じ様に
     基盤部分のボタンを押す事で時限爆弾がリセットされるそうです・。多分、パロマは
     10万ともし、不完全燃焼3回時限爆弾が有れば・同じスイッチで兼用しているのかも
     知れません・・。』 リンナイは、登録すれば、『3年保証』になりますが・・。
     その代わり・10年後に『点検通知』が来るでしょう・。『特定保守製品』の扱いですので・。
     そうなれば・買換えか・・。と・。10年後に『この様なガス瞬間湯沸かし器』が存在するのか?
     判りませんが・・。

     今で言う『バイクの2Stの新車発売禁止、4St新車で無いと発売出来ない』様に
     大型で野外設置の物しかダメになるかも・・(換気をする必要が無いのが良いですが・
     都市部中心から電車で30分の当所では・寒暖差が有り・。今年の元日は大雪で
     3日間閉じ込められました・(当方には4輪を持っていないので・2輪だと転倒確実・)
     温度差で、お湯が出ず野外型も問題有りと言う人も聞きましたので・・。
     (ちょっと顔をお湯で洗いたいのが出なくなり・と言う理由です。)

     長くなりましたが・。大変参考になりました・。(今週末は、バイクのオイル交換を
     自分でします。ご存じで無ければスルーして下さい。 夏は暑すぎて・
     バイクオイルが沸騰する為・・春から夏は硬めの⒑W-50程度。 冬から春は寒くなるので
     標準の⒑W-40・と分け、更に距離とかで変えて・バイク屋の指示・。
     1万kmも行かないで・潰れました・。

     その経験から・。完全科学合成油・。半年毎交換。
     ATなので・。4輪仕様。(念の為、2輪でも使える様に島根に有るオイル屋さんに
     カスタマイズして貰っています・。値段ですが・。純正や2輪専用より安い=半合成よりも
     安い。1L=800円。で作って貰っています・・)

     燃費も良く・1L=40㎞台・。すぐに、50㎞速度が出るので恐ろしいオイルですが・。
     スロットルを捻る事が殆ど無い・・。
     (年1回2連続でハイオク給油=ガソリン噴射+カーボン噛み予防で・・)

     余談が過ぎましたが・・。『トラブル予防』繋がりで・お許し下さい。

    コメント by HAWK — 2015年10月13日 @ 9:15 PM

  2. HAWKさん。コメントありがたいのですが、、、、あまりにわかりにくい。

    要約すると、リンナイの10万回リセットは、ガスの元栓は閉めておいて、給湯つまみを右回りに大きく回して押し込み、熱湯を出す操作をすればいいということでしょうか?

    最近のリンナイは、中の基盤と接続する器具みたいのでリセットすると、どこかで見た気がしますが。

    コメント by junky — 2015年10月13日 @ 11:18 PM

  3. 余計な事を書きました・。ごめんなさい。色々問題が有りましたので・。

    その後・ですが、改めて調べました・。「蓋」のフローチャートによるものです。

    まず、「ガス栓や水栓を止める必要は有りません」

    給湯つまみ=以下つまみとします。(押せばお湯が出るボタン)を「水」に合わせます。

    つまみを(上手く表現できませんが・)長押しするとランプが光ります。=最初は赤です。

    その状態を更に5秒から10秒長押し状態にしてからボタンを離すと・。

    赤・緑の両方の点滅が始まります・。=これが10万回リセット開始の合図です。

    暫くすると、点滅が消え、つまみを(上手く表現できませんが・)

    リセットが完了すると長押しするとランプが光ります。=最初は赤が緑になります。

    もし、赤のままだと失敗なので=ボタンを押す時間や離すタイミングの問題・。

    書かれた。最近のリンナイは、中の基盤と接続する器具みたいのでリセットすると、
    どこかで見た気がしますが・=は、俗に言う3回アウト(不完全燃焼や風は吹きこみ消える
    事で累積3回をすると完全動作しない=10万回をしなくても使えず、修理扱いになるもの)

    をリセットする方法が・。中の基盤の「赤いボタン」です。
    (コツは、強めに押込む事、軽くでは作動しない)

    10万回リセットの様に赤・緑の点滅をして・緑の点灯で、3回アウトのリセットが出来ます。

    これで、お判りになりましたでしょうか?

    余計な事と行間隔が判らないので・申し訳有りませんでした。

    コメント by HAWK — 2015年10月15日 @ 2:58 AM

  4. とても参考になります。

    実は、当方、リンナイの湯沸かし器を使っておりまして・・・・
    残念なことに、インターロックがかかってしまいました。

    そこで、いろいろと調べた結果、内部の赤いボタンを押してリセットをかけるところまでは行ったのですが・・・その後のやり方がよく分かりません。

    いろいろとお手数をおかけしますが、ご教授願えれば助かります。

    コメント by にゃーさん — 2015年11月25日 @ 12:05 PM

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net