2014年11月3日

Pentium G3258+ASROCK B85M Pro4、5年ぶりの自作パソコン。

この間パソコンを1から組んだのはいつだろうかと思い出してみると、実に5年前。もちろん5年間手を加えなかったわけでなく、LGA775な旧PCは最初はCPUがE5200、2年程前にはE8400を貰い受けてCPU交換、昨年はSSDに交換しているので、普通に使えてはいる。XPのサポート切れのタイミングもあり7に切り替えたいのと、久しぶりに自作したいという欲求が抑えきれなくなったので、組んでみた次第。

マザーボードはASROCK B85M Pro4

マザーはあれこれ悩んだ挙句これにした。選択理由は主に4点。
6,000円と安かったのと、オーバークロック対応、BIOS抜けるのが早い、新CPU対応(HaswellRefresh)。
購入時のBIOSでもHaswellRefreshに対応していましたが、新しいバージョンがあったのでアップデート。


【送料無料】 ASRock B85M Pro4

【送料無料】 ASRock B85M Pro4
価格:5,836円(税込、送料込)

BIOS画面も昔に比べるとグラフィカルでマウスで操作できるんですね。すごく久しぶりなので隔世の感があります。

CPUはPentium G3258

LGA775の時代と違っているのは、CPUをオーバークロック出来るのはごく一部のCPUに限られてしまった事です。Pentium G3258は安物ですが20周年記念モデルということでオーバークロックが許されています。本当はせめて4コアモデルと思いましたが、2年後ぐらいのCPU換装の楽しみをとっておく為にあえて安物にしました。LGA1156、LGA1155と2世代飛ばしてLGA1150デビューです。


SSDはPLEXTOR PX-128M5P

昨年購入して、Windows8を入れて遊んでいたやつです。フォーマットしてWindows7をクリーンインストールしました。メインで使うパソコンになるので、Windows8はちょっといやかなあ。昨年はSSDがやや値上がり気味だったのですが今年はかなり値段が下がりましたね。

メモリーは定番?のCFD W3U1600HQ-4G


【送料無料】CFD W3U1600HQ-4G (PC3-12800-4GBx2)

【送料無料】CFD W3U1600HQ-4G (PC3-12800-4GBx2)
価格:8,799円(税込、送料込)

これはまだ購入予定でして、まだ買ってません。手元にジャンクなDDR3メモリが2枚ありましたのでセットアップにはとりあえずそれを使いました。ところがこれが悲劇を招く事になろうとは、、、、

セットアップそして不具合

PCケースは流用、セットアップは順調に進み、SSDなのでOSインストールもスムーズ、認証を済ませてWindows Updateを掛けます。が、しばらくすると、モニターに筋やらノイズやらが表示されて操作不能に。再起動しても5分程度で同じような状態に。

これはマザーボードの初期不良か?と疑いを持ちつつ、余っていたグラボを差してモニター出力をグラボに切り替えました。グラフィックドライバーをインストールして様子を見ると安定した感じです。この状態で、Windows Updateを最新までやり、オーバークロックしてみたり、ベンチマーク走らせたりして遊んでいました。

しかし、しばらくすると、フリーズやら、リブートがかかるようになってしまいました。あーあ、初期不良にあたっちゃったかなあ。このままマザーを修理に出すか?でもマザーが悪いと判断するにはメモリーが正常であるのを確認しなくてはいけません。CPUは温度も安定していて問題はなさそうでした。で、メモリーですが、ハードオフで3年ぐらい前に、いつか使うだろうと買っておいたジャンク品でした。

CORSAIR DDR3 PC3-1600 1G 2枚組

2枚で2,000円と安かったので、ゲットしておいたやつです。結果として不具合の原因はこれでした。メモリースロットの差込位置を変えたり、一枚だけで起動してみたり、BIOSで詳細設定変更、電圧上げたりと色々やったけど症状変わらず、結局ダウンクロックしたら安定しました。以後問題なし。メモリはいずれにしろ新しいのを購入するつもりだったので、定番のCFDのメモリを買って交換する予定です。マザーの不良でなくてよかったです。

インプレッション

オーバークロックすればペンティアムとはいえ、スーパーΠでサクッと8秒台。それが見れただけでも充分満足です。最初の自作はセレロンDで、スーパーΠもがんばってオーバークロックして60秒ぐらいでしたからね。ベンチマークでは性能アップが数字でわかりますが、日常使用でも性能アップが体感できます。SSDもS-ATA3対応マザーなので、本来の性能を発揮し、OSの起動も早くなってます。さらにASROCKのマザーでFAST BOOTモードにすればBIOS抜けるのも一瞬です。FANもサイレントモードにするとかなり静か。

起動時間 13秒(起動音なるまで)
シャットダウン 6秒前後
メールソフト Thunderbird 2秒
i1 Profiler 4秒

WEBページの表示もレスポンスがよくなっている感じです。

PCパーツ値上げの秋

パソコン組んだのは、7月末のことです。11月現在まで調子よく使えています。同じ構成でもう一台と思いましたが、PCパーツがずいぶん値上げしてしまいました。円安のデメリットですね。同じパーツで組むと、マザー、CPU、メモリーだけでも+5000円余計にかかるようになってしまいました。うーん中古パーツ探して組むかなあ。メモリは8Gもいらないので、一枚ずつにバラしてシングルで使う予定。メモリーのデュアルチャンネルって、ほんと日常使用で効果を実感できませんね。

BH14NS48バルク品

ブルーレイレコーダーを買ったのでパソコンもブルーレイにしてみました。


他のパーツはあがっているけど、これはまだ大丈夫のようです。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net