2014年10月30日

Nexus 4 SIMフリー16Gタイプが14,400円。エクスパンシスにて。

香港の白ロム販売店、エクスパンシスで旧ネクサスシリーズが特価処分中です。100台オーバーの在庫があり、完売してもまた追加されているような勢いです。

初代ネクサスタブレットGoogle Nexus 7 (2012) の各モデルが

8G 8,600円 16G 9,800円 32G 10,500円

2代目のネクサスシリーズのスマホである、Google Nexus 4は

8G 13,000円 16G 14400円

どれをとってもとてもお買い得な値段。送料と関税を入れてもプラス3,000円ぐらいかなあ。どうせなら節約のため、複数台まとめて購入して、友人とシェアするのもいいかも。

Nexus 4 SIMフリー16Gタイプが14,400円
icon

もちろん安いのには理由があってメーカーリファビッシュ品です。まあ、メーカー返品の初期不良品などを修理した製品ということでしょう。エクスパンシスの保障は3ヶ月。故障の場合は返金ではなく修理対応とのこと。

Nexus7には、純正のトラベルカバー付。Nexus 4には純正のバンパーがついてきます。このおまけも地味にうれしいですね。Nexus 4のバンパーはアマゾンで買うと2,000円ぐらいします。

日本では不遇の端末だったNexus 4

Nexus 4は、2012年発表当時は高性能端末でした。もちろん今でも充分通用します。ただ残念なことに日本での発売開始が約一年も遅れてしまいました。しかもキャリアの取り扱いもなく、白ロムとして量販店だけで販売され、価格も5万円程度と割高でした。その後Nexus5も出たので、だんだんと忘れ去られた存在になってしまったのです。

今年の春先、イオンがMVNO回線とNexus 4のセット販売を開始し、価格のインパクトもあって、すぐに限定数完売し、話題になりました。が、その後再販はされず、以後は話題にはなりませんでした。それがこのタイミングで放出とは。リファビッシュなのか実際は新品の在庫処分なのか、どうなんでしょう。

Nexus 4の使い道

安く購入できるのはいいけれど、使い道が決まってないと無駄使いになりますね。自分に置き換えて購入動機はあるかなあ。

まずは、ソフトバンクとドコモのSIMが使えるので、今使っているiPhone5sやアンドロイドのバックアップになります。隠れLTEモードなどもあるようですが、3G回線しか使えないので、データ通信はやや遅くなります。逆に3Gしか掴まないので、バッテリーはそこそこ持つようです。

アンドロイド5.0のロリポップにも対応してくれるようなので、将来的な楽しみもあります。液晶パネルの解像度はフルHDではないですが、やや横幅の広い1280×768です。これも問題ないかな。

うーん、在庫は山ほどあるみたいだし、しばらく考えるか?でも、エクスパンシスは世界中に白ロムを販売しているイギリスの会社ですから、一週間ぐらいで千台レベルで捌けていくのかもしれません。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net