2011年7月7日

中古冷蔵庫購入 MORITA MR-D05BB

飲み物専用で使っていた冷蔵庫が、購入後わずか3年で壊れた。吉井電気のAbitelaxってやつで、新古品で1万だった。庫内のファンが回って、わずかに冷風が出るもののほとんど冷えない。コンプレッサーが5分おきぐらいに、バチッと落ちる。過電流防止リレーが働いているようだ。コンプレッサーはとても熱い。冷媒が詰まってるのかなあ。ともあれ、修理のしようがないので諦めた。

冷蔵庫の裏面には、たいてい回路図が貼ってある。回路図見る限り、構造は結構単純なんだけど、コンプレッサーは密閉式だし、配管切ったらフロン出てくるし、素人が手を出せない電気製品なんだよなあ。

車で15分のリサイクル指定業者の保管場所まで持っていった。家電屋のほうが遠いし、持ち込むと別途配送料までとられるのでバカらしいのだ。Abitelaxの前に日立の25年物ぐらいのかなりおおきな冷蔵庫を持ち込んだ時はたしか4000円台のリサイクル費用だった。ところがAbitelaxは、日立よりぜんぜん小さいのに、6000円ぐらい取られてしまった。なんてこった。

後から調べたら、メーカーによってリサイクル料金が違うらしい。細かいことだが頭にくる。吉井電気はもうやめよう。コンプレッサーはLG製だった。今度買うときは、LG以外のコンプレッサーのやつにしよう。

とはいったものの、家電量販店やら、リサイクルショップやら回ったけれど、安い冷蔵庫はすべてLGのコンプレッサーだった。これではしかたない。冷蔵庫が何年持つかなんて運に左右されると諦め、ほぼハイアールの小さいのを買おうとしてました。


が、最後に寄ったリサイクルショップでモリタの冷蔵庫を見つけました。2010年製で5,000円ちょい。擦り傷はあったものの年式も新しいし、変な匂いもしなかったので買ってきました。コンプレッサーはもちろんLG製ですが、選択の余地はありません。

MORITA MR-D05BB

ネットで品番をあたると、まあまあの評価。コンプレッサーがうるさい個体もあるようだが、購入したやつは実に静かだ。扉もしっかり閉まる。一晩飲み物を入れておいたらキンキンに冷えていた。あとは10年ぐらい壊れない事を祈るのみ。念のため、モリタ(ユーイング)のリサイクル料金を調べると、3,780円でした。


今年のタイプMRD50Cは、無駄にデカイ大きな取っ手がなくなってます。扉の上部のトレーも半分カットされて、2リットルのペットボトルも立つようになってますね。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net