2012年9月18日

Mangrove 7 camangiの7インチタブレットが、オークションにて販売中。

とるに足らない小さな話題ですが、電脳売王の会員向けメールで、camangiのMangrove 7、7インチのタブレットが15,999円という情報が届きました。いつもならすぐゴミ箱行きなんですが、聞いたこともない製品なので、ちょっと調べてみました。

アスキーに取り上げられるも

昨年販売されて、アスキーが3回も取り上げたようですが、購入者の使用レポートはほとんどなし。でもスペックだけ見ると、まあまあな感じです。変わっているのはUSBでは充電できず、ACアダプターのみの対応。不便ではありますが、逆に急速充電対応らしい。

当初は4万円で販売され、最近ではアマゾンで3万円ってとこのようです。2日ほど電脳売王のサイトを見てましたが、すぐに完売しましたね。なかなかの人気だったようです。

情報では、トヨタ系の店舗の保守用などと書いてあるので、調べてみると、レリビィという名称で、カスタマイズされて販売されてました。

レリビィ

レリビィのほうは、車載用で、専用のスタンドやホルダーもついています。音楽配信サービスなどをやっているようです。車載用として選ばれている事は、耐久性も期待できそうですね。製造はiPhoneを作っているFoxconnのようです。

うーん、ちょっと欲しくなってきました。他に販売しているとこないかなと探してみると、ヤフオクで継続的に販売している方がいました。

mangrove 7がヤフオクで13,500円から

オークファンで過去の落札履歴を調べると、

当初、19,800円ぐらいで出品。あまり売れずに値下げ。
12,800円までスタート価格を下げると落札がつづく。
スタートを13500円に値上げ。 イマココ。

てなわけで、オークションは値上がりに転じましたね。電脳売王の影響もちょっとはあるのかも。毎日3台づつ、当日終了で出品してますね。人気が出てきたらこれからもっと値上げされてしまうかもしれません。

まあ、中華なタブレットなら安いのがいくらでもあるんですけどね。在庫処分で一気に数百台とか放出されたら、Wikiが出来たり、root化されたりと、ちょっと盛り上がるかもしれませんが、そこまで台数があるかどうか?

個人的には、スマホ&タブレットブームは終わりつつあります。3つのOSは試せたので、あとは、サイズの制覇ですね。といっても、7インチと10インチを揃えたらそれでおしまいです。一番欲しいのは、7インチはGalaxy Nexus 7。10インチはMicrosoftのSurfaceです。Surfaceって199ドルのようですが、日本国内でも2万円切って販売されるのでしょうか。もしそうなら、大ヒット間違いなしですね。他のタブレット製品も大幅な値下げを強いられるのではないでしょうか。

電脳売王にまだ在庫あり。

アマゾンで再販。送料込みです。


Camangi Android Tablet 「Mangrove7・WiFi」

新品価格
¥16,800から

どうしよう。やばい、欲しくなってきた。いや、我慢我慢。
電脳売王は、売れると見るや価格を19,800円にアップして再販してます。相変わらずやることがセコイ。

9月25日 Nexus 7が日本国内販売開始!

Nexus 7が19,800円で国内販売開始されました。いやーグッドな価格ですね。ちゃんと為替レートを反映してくれてます。海外では16Gモデルが249ドルだから1ドル80円計算程度ですね。しかもアプリ購入につかえる2000円分のチケット付き。さすがグーグル。

Mangrove7も、HDMI接続とか、中華タブレットにはあまりついていないGPSなどのセンサー類があって面白いタブレットだと思いますけどね。1万円まで値下げしたら考えるか?

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net