2017年1月12日

Mac mini late2012にWindows10をクリーンインストール

昨年の7月末でWindows10にアップグレードが出来なくなるハズだったので、一度アップデートだけして、すぐにWindows7に戻しておけばいいかと、安易に何のバックアップもせずにMac mini late2012にWinodws10をブチ込んだ結果。システム修復エラーのループ状態で、どうにもならず。アップデート後しばらくWindows10で動いてはいたのだが、諸々不調っぽいのでWindows7に復元かけてハマッてしまいました。

とりあえず予備のデスクトップPCが調子いいので、今のいままで半年そちらで過ごしてきましたが、やっと時間もとれたので、直す事にしました。そもそもは、Mac mini にMarvericksがインストールされた状態で、パーティションを切ってBootCampの手順に従いWindows7をインストールして使ってました。約2年間問題なかったです。唯一の不満だった点は、起動時間がやや遅かった事でした。常時Windows7で起動するように設定していましたが、電源ONしてから15秒ぐらいは白い画面でスタンバイされてしまうので、起動に45秒ぐらいかかってました。

折角なので、そこを改善できんかなあと考えて、内蔵SSDにはWindows10だけを入れる事にしました。

まずはバックアップ

たいしたデータはないけど、一応バックアップしたい。Mac側は問題なく起動するので、オプションキー押しながら起動してMarvericksを立ち上げ、そこからWindows側のファイルにアクセスして、データを抜き取り、LAN接続のバッファローのLink Stationにバックアップを取った。Marvericksも消してしまう前にTimemachineで外付けHDDにバックアップ。

内蔵SSDを消去

以前遊びで、外付けSSDにEl Capitanをインストールした事があり、それを利用。外付けドライブでOSを起動できてしまうのがマックのいいところ。しかもSSDとUSB3.0でそこそこ速いのだ。El Capitanで起動後、ディスクユーティリティで内蔵SSDを消去、初期化。Winodws10のISOイメージをダウンロードしてUSBメモリーに焼き、Bootcampユーティリティも別のUSBメモリーにコピー。

Windows10をクリーンインストール

ISOイメージの入ったUSBメモリだけ接続してオプションキーからUSBメモリーで起動。改めてSSDのパーティションをすべて削除して1つにしてから新規でパーティションを作成、こうすることで、Windows10用のパーティションが自動的に作られる。それからインストール。シリアルキーはパスしても無事に認証された。Windowsアップデート全部あててから、ブートキャンプ関係をインストール。以前と同じようにキーボード入力関係を調整。うーん順調。

試しに起動時間を測ってみると。

起動 18.5秒 シャットダウン 4.3秒

ととてもいい感じになりました。以前出ていた白い画面のスタンバイ(MacのUEFIで待たされる?)がなくなりました。まだソフトとか何もいれてないけど。Mac側を使う機会はほんとに少ないので、マックとしては外付けSSDで使えれば充分かなとも思います。これであと3年は戦えるかなあ。

El CapitanをmacOS Sierraにアップグレード

外付けSSDに入れたEl CapitanをmacOS Sierraにアップグレードしてみました。メッセージアプリが必ず立ち上がるのがちょっとうざい。まあ、普通に使えるかな。

ここで、気になる点がひとつ。もともとMac mini Late2012には、Marvericksが入っていたので、オプションキー押して起動すると、復旧10.9という選択肢があったのです。インターネットリカバリーとかする時のものだと思うのですが。それが、El Capitanにしてからは、復旧10.11とかの表示に変わってしまいました。もうMarvericksには戻せないのでしょうか?あるいは内蔵ディスクを初期化して何も外部ディスクを接続しなければ、復活するのか?不明です。とりあえず新しいOSにも触れたし、元の使い慣れたMarvericksに戻したいのですけれど。

Time MachineでMarvericksに戻す

ということで、別の外付けSSDにTimeMachineからMarvericksを復元してみました。最近は3年ぐらい前にHDDから換装した120GB程度のSSDを順番に256GB程度のSSDに順番に交換しているので、120GのSSDがいくつか余ってます。これらを外付けSSD化してMacのOSを切り替えて使うのは個人的には便利です。

BEFORE
内蔵SSDにMarvericks+Windows7

AFTER
内蔵SSDにWindows 10 外付けSSD1にMarvericks 外付けSSD2にmacOS Sierra

いずれ普及するので嫌でも4Kモニター買うようになると思うけれど、4Kの対応が厳しい以外は性能も持て余してるぐらいなのでまだまだ使おうと思っています。

パソコンレンタルマン楽天市場店でマックミニをレンタル

パソコンとかのレンタルでこんなの見つけたけど、需要あるのかな。Mac miniなら6,500円で一週間レンタルだが、別途送料で、関東なら2,700円。返送料込み。ただし、保証金として5万円を払う必要あり、これは2か月後に振り込みで返却。

あれこれ弄って(ソフトウエア的に)返却しても、あちらで初期化してくれるから、面倒さはないけれど。イベントとかで需要があるんでしょうか?タブレットとかもあるから、iPad Proを一週間いじり倒すというのは面白いかもしれない。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net