2012年2月3日

KX-PW320DL-W 10年ぶりにFAXを買い換えた。

10年使ったブラザーのファックス付き電話機のファックス機能が故障してしまった。しかしファックスとして使うのはせいぜい年に数回、コピー機として使うのも数回。この10年でファックス用インクフィルムを交換したのも2回程度という状態だからしばらくそのまま使ってました。ところが昨年末には通話まで途切れるようになってしまい、年明けに初売り狙いで買いにいきました。ほんとはワンランク上?のKX-PW521XL-Wにしたかったけど、安さには勝てません。というわけで、KX-PW320DL-Wとなりました。

1月3日の初売り広告で、ケーズではシャープ、ヤマダではパナのファックスの安売りが出てました。朝一番に並ぶ元気もなく、あれこれ用事を済ませて夕方から出かけたので、ケーズは売り切れてました。まあ、ヤマダも売り切れだろうなあと閉店間際に覗いてみると、やはり、入り口に限定商品はすべて売り切れと書いてあります。ダメもとでレジ周りを覗いて見ると、一台KX-PW320DL-Wがカウンターの上に置いてありました。店員に声を掛けたら初売りの残りのようで、7,800円で買うことができました。

限定商品欲しさに、朝並んで買う人たちがいますが、まあ、面白半分の方もいるのでしょう。目的の商品が買えず、仕方ないのでFAXでも買うかと整理券を受け取ったものの、結局必要ではないので、引き取りに来ないで売れ残ってしまう。整理券はたいてい当日限りの有効ですから、閉店間際に売れ残っていれば、売ってくれるわけですね。

ネットで見つけた最安値。たぶん一台限り?送料込み7,500円↓

コードレス電話・FAX 【 おたっくす 】 KX-PW320DL

コードレス電話・FAX 【 おたっくす 】 KX-PW320DL

10年間のファックスの進化は?

10年前のブラザーと比べてずいぶんコンパクトになってます。基本メモリー受信でプリントする時だけカバーを開けて紙をセットするようになってます。子機のバッテリーもニッカドからリチウムイオン電池へ進化。充電も電気シェーバーみたいに、電磁誘導での充電。うーん7,800円とは思えない。

ファクシミリを作っているメーカーは以前より減っています。パナソニックとシャープぐらいしか量販店のコーナーにありません。サンヨーとかNECとかどうしたんだろう。ブラザーはインクジェットタイプにシフトしてるし、懐かしい感熱紙タイプは1機種だけ生き残ってたけど、かえって2万以上して高い。メール、携帯が普及してしまった今では、以前より家庭用FAXってかなり需要がないのでしょう。でも、コードレス電話だって8,000円ぐらいしますから、子機付きで一万前後のファックス付き電話はとてもお買い得感があります。

迷惑電話防止機能

電話についている様々な機能なんて使いこなす気にもなりません。せいぜい留守電ぐらいです。でも、迷惑電話防止機能って微妙です。先日、数年ぶりに旧友に電話を掛けたらこの機能が有効になっていたらしく自動音声で、お名前をおっしゃってください、みたいな事を言われました。OOです。と答えてだまっていたら、しばらく無音のあと、ブチッと電話が切れました。オイオイなんだこりゃ。こちらの電話の調子がおかしいのかと思って、携帯から掛けなおしたら、また同じ自動音声。

仕方ないので、しゃべり続けました。

OOです。 OO高校O組でいっしょだった、OOです。OOの件で電話しました。

やっと本人が出てくれました。

これって、迷惑電話には有効だけど、友人知人にとっては逆にうっとおしい事この上ない。おそらくナンバーディスプレイと登録した電話帳が一致すればオフに出来たりするんだろうけど。

電話不調の原因はヤフーモデムという落ちだった

さて、電話機を変えてもワン切りみたいな、ワンコールだけ鳴って切れてしまう現象が起きました。毎回でなく、ちゃんと電話に出れる場合もあるんだけど。で、結局ヤフーのサポートに電話して、ADSLモデム交換となりました。それからは調子いいです。

KX-PD301DL

KX-PW320DLもすでに過去の機種。処分価格で一万円以下ならいいけれど、プラス1000円でKX-PD301DLが買えます。大きな違いは、電波干渉対策。電子レンジとか無線ルーターの電波に干渉せず、クリアな音声で通話できるんだそうです。


ファクシミリの使用頻度はとても低いし、きっと今回が最後の購入でしょう。10年後には電話なんて脳内端末に切り替わってるかもしれないしね。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net