2012年8月2日

PX-203でICBK56インク、46インクは使えるか?

以前、インクの差し替えをこちらの記事でやりましたが、その時に、61、62インクの機種でも、46インクが使えるのではないかと予想しました。そしてついにそれを試す時がきたのです。

インク交換の度にクリーニングされてしまいますから、いっぺんに行きます。エイヤッ!

BEFORE
AFTER

キー溝を削った46インクをPX-203にセット。見事認識OK、プリントOKとなるはずが、オールバッテンでNGでした。ちゃんちゃん。インクを一色ずつ差し替えてもダメ、うーん残念。

私が、うまくいくだろうと思い込んでいたわけはこのリサイクルインクです。


このエコリカのICBK61対応互換インク、どうみてもICチップの端子の数が多い46インクのICチップと同じものに見えます。この商品画像で、46インクのICチップが使いまわせるのではと思い込んでしまったわけです。実際はエコリカが商品画像を使いまわしていただけかもしれませんが。

後日、とても気になったので、家電量販店に出かけた際に確認してきました。すると、62インクのリサイクルインクのICチップは、9接点と7接点の両方が存在していました。うーんさらに謎が深まってしまいましたが、無駄にインク買ってもしょうがないのでここまでにしておくか。

簡単に外せる廃インクタンク

ついでにもうひとつ。PX-203の廃インクタンクは、簡単にネジひとつ外すだけで交換できる素晴らしい構造でした。

PX-203の廃インクタンク

これなら、エプソンの修理担当の方も楽ができますね。これまでの家庭用インクジェットプリンターときたら、全バラシしないと廃インクに辿り着けない構造でしたから。というか、ここまで簡略化したのなら保守用部品として売ったらどうでしょう?廃インクリセットの方法も同時に公開してくださいな。

いつのまにかICチップリセッターが販売されていました。

エレコムのTHE-6165KIT です。リセッターだけのバラ売りはまだないようです。価格も4色プリンター用としては、やや高い。


以前はこういうの買っていたけれど、最近は面倒くさくて手が出ませんね。
さて、最後はPX-203のプリンタープロファイルを作成してみましょう。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net