2010年8月28日

CULVノートのハードディスクをSSDに交換、HMSM064G-10。

CULVノートのバッテリー駆動時間を延ばすためと、起動や操作の高速化のため、ハードディスクから、SSDに交換しようと考えた。SSDはとりあえず何を買ってもハードディスクよりは早い。それはすぐ実感するだろう。もちろん、時間とともに劣化したとしても、まだきっとハードディスクよりは早いだろう。できれば5年ぐらいは使いたいけど。

SSDの消費電力

SSDは消費電力がとても低いイメージがあるが、それは3.5インチのハードディスクと比較した場合だ。2.5インチのハードディスクはもともと消費電力はかなり抑えられている。EC140Dに載っていたST9250315ASでは、データシートではシーク時1.54Wアイドル時0.81W。対してOCZのSSD、VERITEXシリーズではオペレーション2Wスタンバイ0.5W。とあまり変わらない。でも、転送速度が3倍ならば、アクセス時間が1/3になり、両者が同じ消費電力だったとしても、SSDが1/3で済むハズ。

最近発売された廉価なONYXシリーズはスピードが遅いが消費電力は低いようだ。オペレーション1Wスタンバイ0.375Wと約半分。これ以外といいかも。でも出たばっかりで価格がさがらない。IOデータの東芝SSDは0.6Wとサイトにあるが詳細は不明のため、東芝のカタログからデータを拾うと、リード1.2Wライト3.5Wアイドル0.16Wスタンバイ0.065W、全然違うじゃん。書き込みの電力すごいですね。アイドルは低そう。その他あれこれ調べてもあまりカタログでは公開されてないのも多い。

しかし、INTELは別格。アクティブ0.15Wアイドル0.075Wと他メーカーをおおきく引き離す省エネぶり。はっきりいってモノが違う。これならバッテリー駆動時間を40分〜1時間延ばせるかもしれない。というわけで、CULVノートのSSDはインテル一択である。あとは予算によって、容量を選ぶだけ、、、

ちょっとまて。海外サイトその他で検索すると、これは有名な嘘っぱちのようだ。例えばここの最後のほう。うーんわからなくなってきた。
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/
こちらにも、いくつか出ているが、う-んよくわからん。

HMSM064G-10

あれこれなやんでいる間は楽しくもあるが、結局は価格と容量と性能のバランス。やはり60Gは欲しい。価格は1万円程度。これが目標ライン。OCZのVERITEXも安くなってきたし悪くないが、突然死の事例もちらほら。で結局メモリーショップアークで買いました。HANA MICRONのHMSM064G-10です。楽天カードを作ってもらったポイントも活用しました。今月中につかわないと3500円分失効になってしまうのでせかされてというのもありますが。

とりあえず、デスクトップにつなげてベンチマーク。まあ、こんなもんかな。

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

Sequential Read : 189.772 MB/s
Sequential Write : 104.484 MB/s
Random Read 512KB : 151.513 MB/s
Random Write 512KB : 97.652 MB/s
Random Read 4KB : 28.285 MB/s
Random Write 4KB : 6.297 MB/s

Test Size : 100 MB
Date : 2010/08/25 18:16:34

EC140D-41KをSSD化

HDDをSSDに交換し、以前作成しておいたバックアップDVDから、インストール。ドライバーの類はWEBからダウンロードしているらしく、最終段階あたりでくるくると5分ほど待たされたが、無事インストール終了。のち、あれこれと、環境をセッティング。余計なソフトの削除と、スタートアップの整理などして、準備完了。起動は30秒程度。シャットダウンもかなり早くなった。その他は、、、、まあ、もともとたいした作業してないので、あんまり。スクロールとかやけにスムーズなのはドライバーが新しくなった性だろうし。これで一度ハードディスクに戻したらよくわかるんだろうけどね。やってみるか?

肝心の消費電力ですが、あまり変わりませんね。読み書きのスピードが何倍も速いのですから、トータルのバッテリー持続時間はやや延びるかもしれませんが、まあ、あまり大差ないでしょうね。地デジ化した性で消費電力が15Wになってしまい、ACアダプターでの使用に切り替えたので、家ではバッテリー残量を気にする必要がなくなってしまいました。


パッケージ、中身は交換したハードディスク。

でも、やはりこのキビキビ感は魅力です。後戻りはできませんね。外出時も壊れる心配が減ったし、よかったよかったと自己満足。

メモリーショップ・アーク

メモリーショップ・アークはSSDを探し始めてから見つけたお店です。秋葉原に店舗もあるようです。ネットショップも自社と楽天両方あります。もちろん自社ショップのほうがSSDの種類もたくさんあるのですが、購入したのは楽天店です。楽天店は種類は少ないものの、やや型落ち?のSSDを安く販売しています。そして、しばらく売れないとさらに値段を下げるようです。もう売り切れてしまいましたが、HMSM064G-10も最初は15,000円程度でした。それが段々値下がりして10,500円ぐらいになり飛びついたわけです。現在、32MのHMSM032G-10が7,980円、128MのHMSM128G-10が19,500円まで値下がりしてます。デスクトップ用に欲しいところですけどお金が続かない、もうちょっと我慢かな。

自社ショップのSSD販売ページ

メモリーショップアーク楽天店のSSD販売ページ

両方を比較するとお買い得が見つかるかも。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net