2009年1月8日

EZ COLORでデジカメのプロファイルを作る。

EZ COLORはスキャナのプロファイルを作れ、作成したプロファイルはPHOTOSHOPで画像に適応する事が出来る。プロファイルを作るためのデータはIT-8ターゲットをスキャナで200dpiで無補正で取り込んだTIFFファイルである。
だからデジカメでIT-8ターゲットを撮影し、それをPHOTOSHOPで200dpi相当のTIFFファイルデータに修正すれば、EZCOLORでプロファイルを作れるのだ。もし、アイワン(i1)でデジカメのプロファイルを作ろうとすると?25万以上!!!

EZ COLORは、今となっては古いソフトで、精度も価格なりともいえなくもないが、メリットもある。それは、手軽さと汎用性だ。
プロファイルの作成がとにかく早い。あっという間だ。それと、TIFFファイルのデータからプロファイルを作るということ。上に書いたように、EZ COLORが認識できるデータを勝手につくることも出来るわけだ。プリンタプロファイルを作る場合も、作成されたプロファイルがグリーンかぶりしていたら、プリントアウトしたターゲットにPHOTSHOPで逆補正をかけたもの(同時にスキャンしたIT-8ターゲットはいじらない)からプロファイルを作るという荒業もできないことではない。

前置きはこれぐらいで、実際にやってみよう。とりあえずDSC-S70でやってみる。こいつはグリーン、レッドなどの彩度があがるようなクセがある。
うーん。なかなか難しい。IT-8に光沢があるため、光の反射をうつしこんでしまう。外光の入る室内は厳しい。かなり暗い室内にて、蛍光灯を斜めから当てて、反射を抑えて出来るだけ正面から望遠気味で撮影。
この画像を、スキャナでターゲットを取り込んだ画像に重ね合わせ、半透明にして、同じ形になるように変形してから半透明を解除。レイヤーを削除してTIFF保存。これをEZCOLORで読み込んでスキャナプロファイル作成。
が、エラーになること数回。再撮影してもだめ。画像の周囲をトリミングしたところ、うまくいった。

さっそく、撮影した画像にあててみると、あれ、青い。色はともかく画像がガタガタになってしまった。K100Dでもやってみたが、やはり階調が変になる部分が。スキャナのように完全な撮影条件(同じ光源、露出、ピント)ではないこととデジカメにはあらためてノイズが多いのを思い知る。ということで、大失敗だった。こんな風に。

DSC-S70
左がプロファイルをあてたもの。

K100D
右がプロファイルをあてたもの。

こうなりゃやけで、スキャナのプロファイルをあててみると、色はおかしいもののノイズは減った。しかしまだおかしい。当たり前か?

プロファイルはシビアである。デジカメにはノイズ、偽色がつきものであり、ベイヤー配列では画素補間が避けられない。こういう画素ごとの色違いを強調したり、置き換えたりするから、上のような、マダラな塗りつぶしや、ザラツキが生じる。これに耐えられるとなると、よほどのノイズレスの高級機(フルサイズデジ一)で最低感度で撮らないと無理かも?

カメラでは、レンズによる違い、シーンによる様々な光の混在や違いがあるから、それぞれの条件ごとのプロファイルが必要だし、せいぜいマクベスチャートと一緒に撮影して補正するぐらいが実用的か?スタジオでの物撮りとかよほど条件の統一ができて、大量に撮影するのなら、必要もあるだろうが。一般にはメリットはないと考えていいのでは。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net