2008年10月14日

EZ COLOR

プリンターのインクを詰め替えたり、違う機種のものを流用すると当然カラーバランスが狂う。あるいはノーマルインクでも、モニターと色が合わない。このような時にICCプロファイルを作れれば便利だ。しかし、ソフトや機材は高額で、数千円のジャンクプリンタに数十万も投資など出来ない。興味は持ってもなかなか手が出せないのがICCプロファイル作成だ。

各社から配布された紙専用のプロファイルをあてて、相性を見るぐらいがせいぜいであった。これは、偶然いい組み合わせを発見できればということだ。
EZ COLORというソフトも知ってはいたが、ソフト単体でも4万ぐらいしてたような?それでもプリンタプロファイルが作れるソフトとしては一番安かった。EZ COLORがGT-X970にバンドルされて発売された。実売4万ちょっとのスキャナについてくるソフトとしては、結構なおまけだ。しかも基準のIT-8ターゲットが2つついてくる。これは反射原稿用だけでも単体だと8000円。ポジ用は15,000円ぐらいもする高価なものである。さらに、このソフトがGT-X970のパーツとして、8000円程度で単体販売してくれるらしい。ディスコンされたソフトとはいえ、かなりお買い得だ。
もちろん、このソフト。GT-X970がなくても、スキャナさえあれば、プロファイル作成が出来る。
そんなこんなで手にいれたEZ COLOR果たしてその効果はいかに?

スキャナのプロファイル作成。

効果は微妙。暗部の彩度アップや全体の色のバランスはよくしてくれるようだが、逆にナチュラルなグレーが微妙に青みがかってしまったりする。そして、スキャナプロファイルは作成はできても調整ができない。そのかわりというか、スキャナードライバーでの様々な補正と併用ができるようだ。プリンターの場合はプリンタ側を無補正にして、プロファイルをあてがうのだが、スキャナは入力側だから違うのかな。ともあれ、グレーポイントはドライバーで指定すればいいし、アンシャープ、露出、ガンマ、などなどを調整したうえで、プロファイルをあてることもできる。デジカメでも、RAWで撮影するときでもカメラ側でいろいろな設定があらかじめ出来る事を考えれば、同じような事なのかも。
現在のスキャナはドライバーでも様々な調整ができて、その設定も保存できるので、わざわざスキャナプロファイルを作らなくても、ほとんど間にあうような気がする。元となるターゲットの色数も少ないし、そのなかで無理やり色の置き換え(この色はこのデータになるはず)をするので階調を乱す場合もあるようだ。スキャンしたデータのヒストグラムを見ると、山の中に飛びぬけたピークがいくつか現れたりする。
しかし、ターゲットそのものはなかなか便利だ。ターゲットとスキャンしたターゲットをモニター上で色を合わせ、その設定を保存しておけばプロファイルを作るのと同じ事。色あわせは、スキャナードライバーだろうが、PHOTOSHOPでレベル補正でも構わない。

手持ちのスキャナで試した範囲では、8400FVでは純正プロファイルのほうが優秀。キャノンは全体に明るくスキャンするようだ。GT-F600では、微妙。エプソンは全体に暗め(濃く)にスキャンするようだ。この絵づくり、それぞれのプリンタにそっくりかも。効果を一番実感できたのは、PX-A550のCISスキャナである。これまでは、ドライバーの調整ではうまくいかなくて無補正で取り込んでPHOTOSHOPで調整していたが、その加減がわずかな調整で済むようになった。
ときどき思うことだが、プロファイル作成というものは高価な機材(モニタ、スキャナ、プリンタなど)より安価な機材にこそ大きな効果があるのではと思う。

つづきあり→スキャナプロファイルの検証

プリンタプロファイルの作成。

専用の画像データを1枚プリント(プリントは充分乾燥して、できれば一日置く)して、スキャナーでターゲットと一緒にスキャンするだけ。作成はあっという間に出来る。この手軽さだけは、たとえ高価なソフトでもかなわない。
最初のうちは、かなり感動した。プリンタードライバーでの調整や、純正プロファイルとは別次元で、モニターの色合いやコントラストに近いのだ。目からウロコという感じ。しかし、使いこなすうちに、だんだん自分の目も肥えてくる。もうちょっとコントラストつけたいなあとか、ややグリーンかぶりかなあなど。
EZ COLORでは、プリンタプロファイルを調整が出来るので、便利だ。

プリンタプロファイルの調整。

調整は2段階あり、両方やっても片方だけでもよい。
まず、プリントにモニター表示の画像を近づけていく調整。スキャナーでの誤差を目視で調整するという大雑把ではあるが、直感的でわかりやすくはある。次に、正確な色ではなく、好みの画像にしていく調整。使い方については、エプソンのサイトが詳しい。
個人的な感想としては、買ってよかったと思う。プロファイルの調整が出来るところはマル。というか、調整したほうがよくなる。
ただ調整できる部分が大雑把で、グレーバランスだけの調整ができないところは×。
あまり実害はないが、ブルーのつながりが、ギクシャクする。これは、スキャナを変えても、プリンタを変えても発生するから、ソフトの問題。

左は純正プロファイル。右はEZ COLOR。彩度があがっている。薄いイエローがグリーンに、シアンにはかなりイエローが乗る。プリンタはpm-4000px。


必ず現れるブルーとシアンの間のデコボコ。

まあ、でも結構使えるじゃんという感じでした。
COLOR DARKROOMでプロファイルの中身を見るまでは・・・・・・。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net