2013年8月24日

ExpansysがAmazonに出店。Xperia Z Ultraもお手頃価格に。

Expansysは、スマホやタブレットに興味を持った頃から、価格のチェックで時々みていました。異常ともいえる円高時代には、かなり割安で端末をゲットできるパターンもありましたが、このところの1ドル100円前後の相場では、価格的にはExpansysから個人輸入するメリットはあまりなくなってしまいました。

それでも、日本未発売の魅力的な端末をそこそこの値段で購入できるメリットはまだあります。今なら、Xperia Z Ultraですね。Xperia Z Ultraは、6インチ台のスマホ?タブレット?いいえファブレットです。国内での販売はまだ未確定です。海外ではすでに販売されていて、国内では白ロムとして、アキバやヤフオクで販売されていますが、価格は約9万円です。高いですね。

でも、Expansysなら、68,000円ぐらいです。香港からの送料入れても7万円ですから、国内白ロム買うより2万円も安く買えます。

Expansys

Expansysがいつのまにかアマゾンに出店していた

円高メリットがやや薄れたなか、さらなる日本での拡販を目指してのことか、Expansysがアマゾンにも出店しているのを見つけました。送料を考えると、本家で買うのとほとんど同じ価格で買えるようです。数百円の差はあるようですが。Xperia Z Ultraも売ってました。


Sony XPERIA Z Ultra C6802 (White ホワイト) 海外携帯

新品価格
¥68,850から

マーケットプレイスでの出店なので、日本に在庫があるわけではなく、注文すると香港から送ってくるようです。本家で買うと関税がかかりますが、アマゾンで買った場合はどうなんでしょうか。記述がないから要らないのかな。アマゾンのレビューは、6月19日が最初なので、今年の6月にアマゾンへの出店を開始したのでしょう。レビューの評価もいいようです。

数百円の差なら、アマゾンで買ったほうが安心ですね。端末価格はよく変わるので、本家とのタイムラグもありますから、両者をよく見比べてお得なほうで、買いましょう。アマゾンは海外からの送料込み価格、本家で買う場合は、送料と関税で、3,000円~4,000円プラスされるので、注意しましょう。で、改めて本家サイトを見ると、

Xperia Z Ultra ホワイトなら59,119円

海外でも、人気はバイオレットのようで、大きく下がって黒、白の順。白でよければ、アマゾンより安く手に入りますね。Xperia Z UltraはLTEには対応してないようです。

一括0円とか、キャッシュバック、端末売却で得たおこずかいを、日本未発売のSIMフリー端末に使うってのもありですよね。とはいうものの、Xperia Z Ultraは自分にはちょっとデカイ。ポケットに入れるのは無理があるかなあ。


2013年11月

Z1が出たこともあってか、Ultraの値下がりも続いています。価格も54,000円程度まで下がりました。LTE版との価格差もほとんどないので、LTE版もいいですね。Galaxy Noteを一年使って、もっさり感に我慢できなくなってきましたから、次期候補ではあるんですが。

Xperia Z Ultra、Galaxy Note 3、HTC oneの6インチのやつ、あるいはASUSのFonepad Note 6あたりのどれかにしようとは考えてますが、軍資金が必要です。MNPを2回線するかなあ。

2014年8月 ついに半額に!

発売から一年、最終処分価格といっていいでしょう。

Xperia Z Ultra 31,600円

購入を検討していた方にとっては、ラストチャンスといえる値段。うーん思わずポチッとしたくなりますね。

1件のコメント »

  1. いつも記事を楽しく見させていただいております。
    弊社サイトにて記事のご依頼をさせて頂きたく存じます。
    ご興味が御座いましたらメールアドレスまでご連絡頂けますでしょうか。
    次の更新楽しみにしています。

    コメント by チップス — 2013年9月12日 @ 3:34 PM

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net