2011年1月19日

Epson Stylus Photo R3000発表。日本名はPX-5V

全然気にとめてなかったんですけど、Epson Stylus Photo R3000が海外で発表されていました。PX-5600の後継機ですね。いやーノーマークでした。モデルチェンジはもう一年ぐらい先かと思ってましたから。

Epson Stylus Photo R3000

プリンタヘッドのノズル数、インクの色数はPX-5600と同じですが、構造的には全くの別物になりました。
ミニPX-5002って感じですね。簡単に特徴を列挙。

ヘッドとインクカートリッジが別々に

PX-5002のように、ヘッドとインクカートリッジが別々になりました。インク容量は25.9ml。これはPX-203などの大容量ブラックカートリッジと同じ形である。

http://www.lemondedelaphoto.com/ATTENTION-CHANGEMENT-EMBARGO-A-20H,5473.html

マットブラックとフォトブラックの切り替えが自動に。

これも要望の多かった機能ではあるが、排他的使用となるため、インク消費がおこる。
マット→フォトでは4ml
フォト→マットでは1mlのインク消費。
とはいえ、PX-5600ではインク全色消費されてしまいますから、進歩といえば進歩ですね。
ただ、マットあるいはフォトブラックのどちらかを全く使用しない使い方をする人には、かえって無駄が多いです。PX-5800では半年間片方のブラックを使わないと、強制クリーニングが起こり、強制的にインクチェンジされます。

無線LAN対応

いまどきのプリンタなら当たり前。

インク最小ドットが3plから2plに

これが実際のプリントで確認できる違いがあるのか興味がありますが、多分わからない程度では?上のフランス語のレビューでは、わずかにガモットが広がったとありますね。プリンタプロファイルを比較したのでしょうか。

発売時期は?

日本での販売は6月頃でしょうか?価格はスタートで9万円程度、カートリッジは1個2,000円、9本セットで16,000円ぐらいでしょうかね。海外では本体安く、インク高くですが、日本は逆の傾向がありますからこの程度の価格設定ではないでしょうか。

かなり前倒しでしたね。2月末には店頭に並びそうです。


PX-5Vがキタムラで80,900円で予約販売中

PX-5600 VS PX-5V

PX-5600よりは、PX-5Vはすべての点において優れているでしょう。特にインクのコストパフォーマンスは使い方によっては1.5~2倍近く差がつくかもしれない。ただ、たまにしかプリントせず、インクチェンジもしないのであれば、価格のこなれたPX-5600でもいいでしょうね。

PX-5002 VS PX-5V

PX-5002と比較すると、明らかにコストは高くつく。最初のインクはセットアップで1/2程度失われるだろうし、インク3セット目には確実にトータルのランニングコスト(本体価格+インク代)は逆転し、その後は差が開く一方です。こうなると、値段のこなれたPX-5002のお買い得感がものすごく増してきます。実売11万円程度まで下がってきましたからね。3万円程度の価格差で、3倍容量のインク付でA2対応ですから。

PX-G5300のモデルチェンジは?

R3000の躯体もきっと数年間は使いまわしされるでしょう。となると、来年あたりはPX-G5300のモデルチェンジがあるかもしれません。きっとオレンジとグリーンインクを載せてくるでしょう。
PX-1001後継機もR3000に4色インク×2本ずつセットするだけで、とても簡単に作れてしまうので、出てきそうです。なんにせよ、A3プリンターはインク容量がそこそこないと安心して使えませんよね。

とにもかくにも、正常に進化した素晴らしいプリンタだと思います。ランニングコストが気になって、PM-4000PXやPX-5500からなかなか乗り換えられずにいた方々は喜んでいることでしょう。

追記

カタログ

http://www.epson.com/cmc_upload/0/000/178/203/brochure_r3000.pdf

カタログ写真からして、すでにインク残量半分になってますね。やっぱり最初のインクはすぐ終わりそう。

ユーザーマニュアル英語版

http://files.support.epson.com/pdf/r3000_/r3000_ba.pdf

ヨーロッパでは、インクコストがPX-5600とほとんど変わらないとお怒りのようだ。

http://www.photoradar.com/news/story/epson-announces-photo-stylus-r3000-cartridge-price

日本ではここまでひどくはない事を願いましょう。

2件のコメント »

  1. Epson Stylus Photo R3000 日本名はPX-5Vとえらく短くなりました。
    http://www.epson.jp/products/colorio/printer/pro/px5v/
    インクカートリッジも大きくなっていますが値段がそれ以上に上がっているような・・・

    今回も360×10の新ヘッドが見送られてしました。コンシューマ向けは当分なさそうですね。

    個人的にはG4500後継の180×6の染料A3機を出して欲しいです。

    コメント by プリキッチャン — 2011年2月3日 @ 11:01 PM

  2. いつもふざけて仮の名称をつけてますが、やっぱりはずれました。まあ、大きく変わったと印象づけるためでしょうね。
    実売価格はインクも含め、もうちょい下がるでしょう。

    コメント by junky — 2011年2月4日 @ 10:05 AM

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net