2015年5月15日

エプソンのスマートチャージが月額5,000円から利用可能に!

確か昨年あたりからスタートした、エプソンのスマートチャージ。これはプリンターのリース料金にインク代もセットで月額10,000円からというものでした。もちろん印刷枚数は無制限ではなく基本パックで何枚までと決まっていて、超過する場合は追加料金がかかります。

まあ、それでも場合によってはこれまでよりも印刷コストが安く済む事業所もあるでしょうし、面白いビジネスモデルだなあと感じていました。そして今回はさらに安い月額5,000円からの料金プランも発表され、より身近なリースが可能となっています。これなら個人事業主、あるいは個人でも場合によっては手が届きますね。毎月一回インクカートリッジを1セット買うぐらいのユーザーであれば、もしかしたらこちらがお得かもしれないですね。そこでこの最低料金のプランに的を絞ってコストを検証してみましょう。

最低プランをリースと通常使用で比較

A4プリンターのベーシックコースのベースとなるプリンターはPX-S840で、これにオプションの2段目の給紙カセットと専用の大容量インクカートリッジタンク+廃インクタンクを取り付けた専用モデルになります。

普通にプリンターを購入して使用する場合は

本体代金 PX-S840増設カセット付 約36,000円

インクコストはエプソンの発表から計算して、スマートチャージと同条件の場合

(1.8×1000+400×6.1)×1.08=4,709円

そのほか、時々メンテナンスボックス約3,000円弱の交換も必要です。

これらを適当に計算すると。

本体36,000円+インク4,700円×58ヶ月(最初の2ヶ月は付属インクでまかなうとして)+メンテナンスボックス3,000円×10個(年に2回交換として)=338,600円

結構かかりますね。インクコストはメーカー値なので、実際はこの1.5倍ぐらいかかると思います。あとは印刷物のインク使用量でかなり変わってきます。

スマートチャージは、5,400円×60ヶ月=324,000円

真面目にたくさん印刷するなら、こちらが安いですね。5年間もプリンターがノントラブルとも思えないし、壊れれば修理、交換に来てくれます。

ご自分の使用状況で5年間のプリンターの印刷コストを計算し、30万円かかっているのなら、スマートチャージもありではないでしょうか。まあ、私の場合は、1000枚プリントする月もありますが、全く印刷しない月もあるので、毎月お金がかかるスマートチャージは無理ですけどね。

スマートチャージのメリット

まあ、やはりメンテナンス料金、インク代金がセットで定額ということです。印刷枚数を超過しても決して高額な料金ではありません。印刷枚数でカウントされるので、用紙全体が写真のようなベタ塗りの印刷でも同じコストという点です。顔料インクなので普通紙向きではありますが、マット紙などにも高画質でプリント可能です。事業所に複数プリンターがあるなら、写真やプレゼン資料用に、ややいい紙専用で使うのもありでしょう。

逆にベタ印刷専用にされたらエプソンは赤字かも知れませんね。最初についてくるインクタンクは75,000枚印刷可能とのこと。これはちょうど毎月1000枚印刷した場合5年間まかなえてしまう量なんです。つまり5年間プリンターさえ壊れなければ、エプソンは何もしなくていいんです。もうかりますね。

ノズルクリーニングしてもタダです。いつもならノズルクリーニングの度に、ああこれで数百円が消えたと欝になりますが、気にせずジャンジャン、好きなだけノズルクリーニングが出来ますね。

スマートチャージのデメリット

やはり、毎月コンスタントにそれなりの印刷枚数をこなさなければ割高です。自分の用途に合っていないからといって途中解約をした場合も、ほぼ5年分の料金をとられてしまいます。ほとんどモノクロ印刷という使い方も元を取るのは難しいでしょう。モノクロレーザープリンターなら1万円以下で買えます。

短期解約金

解約金については、一律ではなく使用期間に応じて変わってきます。長く使うほど解約金は安くなる仕組みですが、短期解約は高額請求されますので要注意です。リースは5年契約で仮に半年で解約した場合は、

(60ー6)×5000×0.9×1.08=262,440円

ともかく5年間は使う(支払う)覚悟が必要ですね。

設置サービスが有償で高額

アマゾンに注文して送料無料という商品ではないため、最寄の取扱店に頼む事になり、無料ではありません。納品(搬入)だけで16,000円、設置とパソコンとの接続、ドライバーインストールまでやると36,000円。まあ、こういうのはレーザープリンターのリースでも同じかもしれませんが。このあたりは取扱店に対して、取扱店での店頭で受け取るとか、他社では無償で設置してくれたとかゴネれば、新しいサービスで契約が欲しいでしょうから無料にしてくれそうですけれど。

エプソンに疑問点を聞いてみた

いくつか気になる点があったので、問い合わせました。

●メンテナンスボックスは自前ですか?

無料です。月額料金に含まれています。メンテナンスボックス、廃インク吸収パッドは吸収限界が近づいたと表示されたらご連絡ください。配送の手配をいたします。交換はご自分で行ってください。

●搬入・設置サービスを使わずに自分でできますか?

事業所への配送(運送会社)は無料です。搬入は、開墾、ダンボール処理などです(有料)。設置はPCでプリンターが使えるようにするまで(有償)。インクカートリッジの取り付けはサポート(取次ぎ店?)の人間しかできないのでお伺いします。カートリッジの取り付けやDevice Status Systemのインストールを行います(無料)。

よくわからない返答だったが、注文→プリンター届く→自分で開梱、設置→サポート呼ぶ→後はやってもらうの手順なら無料で済むようだ。注文時に搬入・設置サービスを申し込まないようにしましょう。

●リース期間終わったら?

5年間のリース期間終わったら返却。無料でプリンターを引き取って、残りのインクを使って印刷はダメ。同じ条件の再契約とか一年延長とかもなし。あくまで5年後にあるプランにて新規契約となる。まあ、スマートチャージのシステムが5年後にもあればの話ですけどね。


やはり個人で使うには厳しいものがありますが、条件に合えばお得かもしれません。エプソンのビジネスインクジェットが初めてであれば、とりあえず一台、同じ画質のPX-S740辺りで試してみてはどうでしょうか?16,000円ぐらいで買えますが、インクはあっという間になくなります。


EPSON A4ビジネスインクジェットプリンター PX-S740

新品価格
¥15,107から

PX-S740で毎月5,000円以上インクを買うようであれば、スマートチャージがお得といえそうです。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net