2011年11月25日

EP-804AとMG6230のライバル対決はエプソンの勝利?

今年のプリンター商戦は、以外な形で早くも決着がつきそうです。エプソンとキャノン。両者の一番の売れ筋商品で、大きな価格差が生じています。原因はもちろん、タイの洪水でキャノンの生産工場が被災した為です。商品供給が出来ないキャノン製品は、在庫が少なくなるにつれ、価格が高止まり。対するエプソンは中国生産なのか、商品供給は潤沢で、年末商戦に向けて価格をすこしづつ下げてきています。

アマゾンでの価格は、

EP-804A

EP-804Aが19,690円から

MG6230

MG6230が23,480円から

楽天市場では

EP-804Aは20,000円から

MG6230は25,000円から

これでは性能以前に勝負になりませんね。それにしてもアマゾン、最近はプリンター、純正インクともどもネット最安値になっている事が多い。インク1個からでも送料無料なので、PRO9500のインクはアマゾンで買ってます。

MG6230

個人的な感想としては、MG6230は実物を見てみると、白、ブロンズのツートンカラーは変じゃありません。意外と高級感を感じます。発表の時は、特にブロンズは、炊飯器の内釜みたいでいやでしたけどね。これでエプソン並にプリントに耐光性があって、エプソン以上にインクコストが下がればいいんですけどね。

12月に入ると、近くの家電量販店では、iP4930とMG6230はすでに展示がなくなってました。店員に聞くと年内入荷は不可との事。

EP-804A

対してこちらの赤EP-804ARの実物は、とても安っぽい色でがっかりです。安物ワインって感じ。側面のシボ?もとても安っぽくていやです。EP-804Aは、あまりパソコンに詳しくない知人が購入したので、セットアップしてあげたことがあります。当り前ですけど、無線は便利ですね。普通紙でテストプリントすると、最後のほうにインクがついてしまいました。とても平べったいプリンターで、全面給紙ですから、紙をきついRで曲げて給紙します。その時に紙にクセがついてしまうのでしょう。安物のペラペラの普通紙に変えたら大丈夫でしたけど。まあ、かなり紙を選ぶプリンターですね。知人はレーベル印刷がしたくてこれにしたようです。確かに、レーベル印刷のトレーが収納されていて、必要な時だけ飛び出てくるので、レーベル印刷専用マシンとしてはとても便利かもしれません。

新品のプリンターのセットアップも、とても久しぶりの事でしたが、以前とはずいぶん変わっていました。インストールしながら、無線のセットアップ、ファームのアップデート。その他のソフトのインストール。プリンター側もインクカートリッジを差してから10分近く、うなっていました(初期充填?)。のべ30分ぐらいはかかりました。まあ、なんとなく儀式って感じで嫌いではないですけどね。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net