2005年11月2日

英語のホームページでのSEO的工夫

せっかく苦労して、英語のホームページを作ったのですから、沢山の海外の人に見てもらいたいたいです。そのためのSEO的なアイデアを、考えてみました。

まずは、キーワードです。
日本語では、ページのテーマに添ったキーワードを、タイトルやページ内に配置します。これは、英語のホームページでも同じです。それに加えて英語では、ドメイン名やファイル名が、そのままキーワードになります。そこが日本語と違うところです。
本気でやるなら、独自ドメインを取ってテーマに沿った名前を付けます。

犬の写真のサイトだったら、

japanese_dog_photo.net

英語の単語同士をくっつけてしまうと、英単語として識別してくれない(そうでもないようです。)ので、必ず単語ごとにアンダーバーなどで区切ります。これは、フォルダ、htmlファイル、画像ファイルなど、すべてに徹底させます。

犬の写真のサイトなんて世界中に山ほどあるでしょう。そのなかであなたが特徴をだせるとしたら、日本人だということです。キーワードとしてjapan,japaneseを必ず入れましょう。

htmlファイル名も大事です。各ページのテーマにあわせて、

japanese_popular_dogs.html
pretty_japanese_dog.html

などど工夫しましょう。
metaタグのキーワードや説明文も、英文で入れてます。
画像のalt属性も、cute dog、画像ファイルは、cute_dog.jpg このようにします。

htmlソースを完全に英語だけにして、最後にブラウザーで表示をチェックします。
普段私たちは、日本語ベースでホームページを見ているので、表示→言語→uni-codeを選択して、ちゃんと英語表示されるかチェックします。英語では使える記号なども限られているので、注意します。矢印などは使えません。

ドメインを取って、アップロードしたら、ホームページの登録です。
まずは、アメリカの

Yahooサイト登録

googleサイト申請

Msnサイト申請

でサイトのクロールを登録。

あとは、

検索エンジン集

なんかで、登録出来るところを、探しましょう。

以外と、登録無料の検索エンジンが少なかったり、アメリカ国内専用などもあります。
また、サブドメインや、nifty.com/aiueo/のようなサイトを登録できないところとか、色々あるようです。500円ぐらいの価格で登録できるところも多いようです。

かくいう私も、いまのところこの程度のことしかしてません。
結果が出るのは、まだまだ先です。

なぜ、私が英語のホームページを作ったのか?その目的は、こちら↓

儲かる英語のホームページ

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net