2010年7月29日

DT-F100/U2(中古)を買ったらmini B-CASカードが付いてきた。

地デジチューナーのDT-F100/U2(中古)を買ったらminiB-CASカードが付いてきた。購入時の但し書きには確かに、mini B-CASカードは付属しません、と書いてあったのに。それでもついてきたんだからラッキーなんだけど、素直に喜べばない。それは、mini B-CASカードの再発行をすでに申請していたから。

DT-F100/U2はソフマップに発注した。ソフマップは対応がいいので、翌日の昼ごろまでには必ず届く。対してB-CAS。どうせお役所対応に近いだろうと、2,3日見込んでいたのに、なんと翌日の10時頃に届いてしまった。ソフより早いとは、すごすぎる。B-CASカードは速達郵便で送られてくる。送料込み代引きで2,000円。申請したときに応対してくれたお姉ちゃんにこう言われた。受け取り拒否も出来ますよと。つまり、なくなったと思ってたカードが出てきたりしたら、配達員にいりませんと言っていいわけだ。
あ-あ、あとせめて2時間配達が遅ければ払わなくて済んだのに。

DT-F100/U2(中古)についてきたmini B-CASカードは未開封でした。ということは、商品の性質上、開封未使用品ぽいですよね。CD-ROMなんかも未開封。本体のキャップにかすり傷みたいのがあったけど、まあその程度でした。これで送料込みで2,500円(中古の日特価)なら安いもんでしょう。しかし、あまったmini B-CASカードをどうしよう。    

という事で急遽追加発注。
DT-F100/U2とどっちにするか迷った内蔵タイプ、IOデータのGV-MVP/HS3も買うことにした。これも中古の日で3,500円。またしてもソフマップです。GV-MVP/HS3も商品説明で、miniB-CASカードは付属しませんと但し書きあり。今度は果たしてカードはついてくるのだろうか?もういらないのだけど。

中古の地デジチューナーからB-CASカードだけを抜き取ってしまう理由

中古の地デジチューナーからB-CASカードだけを抜き取ってしまう理由は、個人ユーザーの場合、すでに登録済みだからなのでしょう。自分の個人情報を知られないようにするためですね。B-CASカードは、今年の3月までは登録を推奨されてました。今でもBS、CSチューナー対応のカードは登録が必要なようですが、これも来年で終わり。個人情報も破棄されるようなので、今後はいらなくなった地デジチューナーからB-CASカードを抜き取る理由もなくなります。なにより査定がさがりますからね。

ソフマップでは、同じ製品が複数(5個以上程度)、同時期に中古登録される場合がよくあります。これらは、個人からの買取品ではなく展示戻り品、メーカー修理品などかもしれません。ソフマップが中古地デジチューナーにB-CASなしの表記をする理由はメーカーに対する配慮なんでしょうか?でもB-CASカードがついていると書いたほうが売りやすいと思うのですが。B-CASカードの規約を見ると、譲渡を禁止しているような記載もあるのでその対策かもしれませんね。

GV-MVP/HS3が届きました。開封済みのminiB-CASカードがついてきました。やっぱり?
これで、2勝0敗です。あーあ、結局1枚カードが余ってしまった。でも必要ないからもう買いません。
ノートパソコンとデスクトップはこれで地デジ化しましたが、肝心の居間のテレビはまだアナログです。

カードの再発行は、中身を確認してからにしましょうというお話でした。

ソフマップ・ドットコム

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net