2015年9月16日

ドコモが「カケホーダイ」のライト版、1700円を導入したら?

iPhone6s発売に向けて、携帯3社のサービス合戦が繰りひろげられていますね。どうせ一括0円になるまで手はださないので、しばらく自分には関係ないのですが、気になる施策があります。auとソフトバンクが9月11日に発表した電話通話料定額の割安プランです。無料通話が5分間までという制限がありますが、基本料金が1,700円と千円安くなります。

そこそこ電話を使う方には、かえって割高になってしまう危険もありますが、料金が下がるのは魅力です。しかしまあ、一見安くなるようでいて、ちゃんと携帯会社は逃げ道を用意しています。

auのスーパーカケホ

auのスーパーカケホは、基本料金を1,700円に出来ますが、データ定額が必須で、しかも選べるデータプランは3G以上。つまり最低でも、1,700+4,200+300=6,200となり、これまでのデータ2Gでの最低プラン、2,700+3,500+300=6,500と比べて300円しか安くなりません。

ソフトバンクのスマ放題ライト

ソフトバンクのスマ放題ライトも同様に基本料金を1,700円に出来ますが、データ定額が5G以上とauより条件が悪くなります。つまり最低でも、1,700+5,000+300=7,000となり、これまでのデータ2Gでの最低プラン、2,700+3,500+300=6,500と比べるとかえって値上がりというお粗末さです。

このように、両者とも一見すると値下げしたように錯覚しますが、毎月の料金はほとんど変わらない、あるいは実質値上げというわけのわからないキャンペーンになっています。いったい何がしたいんでしょうね。総務省に向けてのPRなんでしょうか?

auとソフトバンクが同じ日に全く同じようなキャンペーンをしたのは、偶然でしょうか。両者が意図的に情報をリークしあっているんでしょうか?それともソフトバンクが後だしジャンケンで合わせたのでしょうか。まあ、どうでもいいですね。どちらのキャンペーンも携帯会社は最低利用料金を下げたわけではないので、あまり損をしないという詐欺みたいな料金プランです。無視していいでしょう。

でも、ドコモは違います。ドコモは簡単にマネが出来ません。これをやると即、減収です。逆に言えば我々顧客は得をするので、ぜひやって欲しいんですけどね。

ドコモの場合、シェアパック加入ならかなり料金が下がる

ドコモが仮にカケホーダイライト(仮)を2社と同じようにやったとします。収益が下がらないように、データMプラン、5G以上を義務付ければ、月額料金は結局変わらないので収益は確保できるはずです。

でも、ドコモ加入者はシェアパックを組んでいる顧客が2社に比べ圧倒的に多いです。最近ではデフォルトでシェアパック子回線はデータMになっていますから、制約も無意味です。例えばシェア10で音声5回線ある場合にカケホーダイライト(仮)に切り替えれば単純に月額料金が5,000円値下げとなります。

自分もメイン回線はそのままでも、残り音声2回線は寝かせているので、カケホーダイライト(仮)に切り替えれば毎月2,000円安く維持ができます。


これはぜひとも、ドコモにもそのまま導入して欲しいですね。

このところ、シェアパックという、たくさん契約するほど料金が割安になるという料金プランで、シェアの奪還に成功してきたドコモですが、この1,700円のプランに関しては、それがかえってアダになります。1,700円プランを導入すれば、さらにシェアを奪還できる可能性と同時に、さらなる減収のリスクも背負うわけです。

まあ、いずれにせよ、似たようなプランを導入してくるのは間違いないでしょう。その場合は、他社とは違う制約をつけてくるハズなので、注目していきましょう。例えば、子回線のシェア料金を500円から1,000円に値上げするとかして打ち消してくるのではないでしょうか?

ドコモカケホーダイライト発表

記事を投稿する前に、発表されちゃいました。うーん、データパックM以上だから通常契約ではソフトバンク同様、かえって割高ですね。残念です。さて注目のシェアパックですが、シェアパック15以上でないとダメなようです。

5回線音声契約があれば、シェアパック10から15にすると+2,500円ですから、5回線をカケホーダイライトにすると2,500-5,000=-2,500 で毎月2,500円の節約ができますね。さらにドコモ光加入中であれば割引が600円増えるので、3,100円毎月節約できます。

自分に置き換えてみると、2回線だけカケホーダイライトにするので +2,500-2,000-600=-100 とまあ、100円しか安くなりませんね。でもまあ、今後のMNPに備えてカケホーダイライトとシェアパック15にしておいてもいいかな。

と、よくよく見たらなんと光スマホ割がカケホーダイライトにすると割引が1,000円減らされて相殺じゃないですか。これじゃあ全く意味ないじゃん。

ドコモ光を使ってなくて、シェア回線が4回線以上ないとメリットが全くないなんて、なんともまあ骨抜きの値下げプランですね。客を舐めるにもほどがあります。

総務省の指導が必要ですね

データパックで一番安いプランを選べなくした上での、見せ掛けだけの通話プランの値下げ。こんなことをやっても消費者、ましてや総務省の官僚はごまかせませんよ。実際の料金値下げに結びつかないのは明白です。総務省のより強い指導が必要なようです。

1件のコメント »

  1. スマフォの件ですが・。『完全な個人意見・には個人差が有ります・』

    この様な・「通話し放題や最初の5分は定額かけ放題」

    (最初の5分かけ放題は一時期の〝楽天でんわ3分プラン”=3分だけかけ放題で、
    更に無料・・キャンペーンで終了しましたが・・私はタイマーで計測して
    3分毎に掛け直しをしましたが・)

    この様な姑息な事をするので・ドコモユーザーですが・iモード、フューチャーフォン
    (F-03D=画面タッチパネルで当時5万・。無茶な買物でしたが・。
    ほぼ、スマフォの動きが出来ます・勿論、アプリはドコモだけですが・)のままで・。

    もし、iモード=FOMA廃止ならば・。MOVOにした方がマシと思う所です・。
    (親戚の自宅は、未だにドコモしか入らず、一番長い年数契約は・。
    MOVA時代からです。大阪と京都の境なのですが・。ドコモ電波だけです。)

    (MOVO移行のデメリットは・家族間通話無料が出来ない位で・
     最大の10回線家族間通話で組んでます)

    ドコモユーザーから言えば・。ある程度の時間以下は翌月持越しとか他社に無い
    プランが無いと・「MOVO=ドコモ回線に逃げられる」と思います。
    かけ放題プランでも「毎月55分?以上電話をするユーザーだとメリットが有るでしょうが・」

    楽天でんわとか、G-COLL等語弊が有りますが逃げ道が有ります。

    (私は現在で言うとソフトバンクの法人向け回線で話しています
    契約当初は・・日本テレコムIDCでしたが・・=個人契約をしています。
    現在も、打切りをされていません・・。

    親戚は日本テレコムIDCの契約・のままで固定電話・。

    携帯の通話では消費税が掛かりません・・コールバックの国際電話扱いなので・・。
    iモードのプランはパケット上限定額のメールし放題、電話は完全従量制)

    ならば、かけ放題、かけ放題ライト、完全従量制(その代り、データ代を安く)
    位の柔軟、ウルトラC的な事をしないと・。

    私も、ドコモ光を検討しましたが
    (現在はネットはau・・導入時、auは大口料金扱いで個別契約、
    フレッツは最低6戸・・。遅れ遅れて2年後にフレッツも大口扱いになりましたが・
    すでに遅し・・。いくら、
    1G速度でも光ファイバー引込引回しで工事で問題が有ったのでそのまま。)

    又、フューチャーフォンユーザーは1年間、月500円(6000円しか割引無)で
    見送り・・。=メリットなし。

    変なドコモユーザーです。
    「ネットはau光を使っている・100MのVDSL式、ちなみに速度は平均70M出ます」

    実際に、auはフューチャーフォンの新規打切り、ドコモのフューチャーフォンの
    新機種は・SPモード・。ユーザー歴8年少々ですが・。iモード廃止、SPモードだけなら
    ドコモから離れようか・・と思う程です。

    それほど、『キャリアのスマフォプランが魅力が無い』ので・。
    未だにフューチャーフォン、iモードのままです。

    スマフォ機は持っていますが・。出張や旅行で行く場合に「プリペ式のデータSIM」が
    有れば済みます・。

    余談が多いですが・。客観と言いますか・遠くの目線で意見を書かせて頂きました。

    コメント by HAWK — 2015年10月15日 @ 4:14 AM

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net