2013年8月23日

キャノン、2013年秋発売のインクジェットプリンターが確定

USAサイトで小出しに発表されてましたが、売れスジの複合機までラインナップされたようなのでこれでほぼ確定でしょう。型番は日本とは微妙に変えてきますから参考までに。

※8月27日、日本国内でも新製品が発表されましたので、型番を国内と照合しました。

USAキャノン

小型低価格複合機 MG2420 海外販売のみで国内発売なし

低価格複合機 MG3530 (白、黒あり)  MG3230の後継機、海外型番はMG3520

複合機 MG5530 (白、黒あり)  MG5430のひどい劣化版、海外型番はMG5520

複合機 MG6420 (白、黒あり)  MG5430の劣化版、海外モデルのみで国内販売なし

複合機 MG6530 (黒のみ)  MG6330の劣化版、タッチパネル廃止、日本専用モデル

最上位複合機 MG7130  (白、黒、赤、ブラウン) MG6330の後継機、中身はほとんど同じ

全体にカラーバリエーションで白を加えてますね。そしてわかりにくいのですが、中間に1機種追加したイメージです。

MG7130

MG7130はエプソンのパクリともいえる多色展開。違うのはブラウンを加えた点のみ。たぶんブラウンは売れない。で、MG7130は、外観、寸法ともMG6330と全く同じなんです。ですが、品番変更で価格がリセットされてしまいます。売り出しは22,000円ぐらいでしょう。というわけで、絶対に赤いプリンターが欲しい方以外は、旧機種MG6330を買いましょう。※価格は予想より大幅にリセットされ、27,000円になってしまいました。重量は200gだけ軽くなってます。

MG6530

MG6530は、MG6330から、タッチパネルを廃止し、パネルの大きさも小さくなってしまった劣化版です。それでも、発売価格は22,000円まで戻ってしまいました。海外の後継機MG6420と国内向けのMG6530は仕様が違います。海外のMG6420はMG5430の後釜で、さらに劣化しています。わかりやすい比較はこちらでどうぞ。

MG7130、MG6530、MG6330の比較表

MG5530

今回1番驚いたのは、MG5530ですね。かなり劣化してます。スキャナー解像度が2400dpiから1200dpiに落とされています。まあ、2400dpiなんて普通は使わないから気にしなくてもいいでしょう。ですがよくよく見ていくとびっくりです。MG5530はCDレーベルプリントができないんです。結構使う人多いですよね、レーベルプリント。それを無くしてしまうとは。これ、ちゃんと説明して売らないとクレームになりますよ。さらに、普通紙と写真用紙が別々にセット出来た2段トレー。これも廃止です。さらにMG5530ではハガキサイズの両面印刷も廃止です。劣化が進みますね。

さらにさらに、MG5530は、MG5430よりモニターの大きさも小さくなり、メモリーカードスロットも削除されました。SDカードからのダイレクトプリントが出来ず、ピクトブリッジも出来ない。いったい何考えてるんでしょうね。そしてスペックを詳しく見ていくと、、、、

なんと!キャノンご自慢の1plノズルを封印

以下をご覧ください。こちらこれまでの機種

MG5430
Number of Nozzles Color: 4,096 / Pigment Black: 1,024 / Total: 5,120
Picoliter Size (color) 1, 2 and 5

そして新製品

MG5530  
Number of Nozzles Color: 3,072 / Pigment Black: 1,024 / Total: 4,096
Picoliter Size (color) 2 and 5

何か気がつきましたか?
キャノン御自慢の1plノズルを止めてしまったんです。解像度表示も9600→4800に。見た目はほとんど気がつかないでしょうけど、理屈では新製品のほうが写真プリントの画質が落ちる事になります。MG7130の特別感を出したいだけなのかもしれませんが、なぜこんな事をしたのか謎ですね。わかりやすい比較表はこちら

MG5530とMG5430の比較表

というわけで、毎年同じ事言ってる気がしますが、今年は特に、旧機種をお勧めします。特にMG5530はよく調べずに買うと後悔するプリンターなのでご注意ください。インクの型番が変わらなかったのがせめてもの救いでしょうか。

Wireless PictBridge

Wifi対応のデジタルカメラからダイレクトにプリントできる機能です。あれば便利ですね。この機能は、スマホのアプリからのプリントに対応しているからといって、デジカメもOKとは限りませんので、要注意です。

現状では、キャノンではMG6330、MG5430、MX923、MXC523のみ対応。新機種ではMG7130、MG6530のみです。

PIXUSクラウドリンク

PIXUSクラウドリンクは昨年からあり、昨年のモデルでも対応してます。

PIXUS Printing Solutions

これもスマホのアプリCanon Easy-PhotoPrintのバージョンアップ版で、新しいアプリであり、昨年のモデルでも使えます。こうやってみていくと、新製品の本当に新しいところが見つかりませんね。

プリンターをアクセスポイントモードで使用する

で、昨年とは違う今年の唯一の新機能らしきものがこれです。でも、これってファームアップ程度で充分可能な機能ではないでしょうか。しかも、使えそうな場面はかなり限られています。ネット環境(無線LAN)のない場面で、MG7130を一時的にアクセスポイントモードに切り替えて、スマホのアプリから印刷、スキャンなど操作が出来るというもの。MG7130とMG6330の違いは、実質この機能だけっぽい。

で、このような場面があまり思いつきません。孝行息子が年老いた親にMG7130を買ってあげて、たまに帰省したときに、スマホで撮った孫の写真をプリントしてあげる。このぐらいかなあ。

まとめ

上位機種はスペック現状維持、価格リセットで値上がり。そして中間機種のハンパない性能劣化と、それでも価格リセットで割高に。いやほんと冗談でなく、この記事を読んだキャノンのインクジェットプリンター購入検討中の方々、明日にでも、近くのお店に行って、売り切れる前にMG6330かMG5430を買っておきましょう。

昨年はエプソンのコンパクトプリンター路線でシェアを落としたキャノンですが、今年もこの新製品ではシェアを落としそうですね。新しさのない、コストダウンした新製品群ですから、価格の下落も早いでしょう。年末にはかなり、お手頃価格になるかもしれません。

2013年12月 MG7130が2万円切り

記事にしてから4ヶ月。早いものです。さてMG7130ですが、師走に入り順調に値下がりしています。旧機種はすでに売り切れです。MG7130はタイミングがよければ18,000円前後のときもあるようです。旧機種の底値には及びませんが、年賀状シーズンですから必要な方はどうぞ。スペックダウンしたMG6530との価格差は3,000~4,000円程度と微妙です。


Canon インクジェット複合機 PIXUS MG6530 BK 15,702円

アマゾンの人気順ではMG6530が上位につけています。

アマゾンのインクジェットプリンター人気順

Canon インクジェット複合機 PIXUS MG7130 BK  23,573円
Canon インクジェット複合機 PIXUS MG7130 BK 19,455円

11件のコメント »

  1. 非常に分かりやすかったです。
    今月頭に故障し、MG6330買おうか新機種買おうか迷っていましたが、6330即買いします。
    有難うございました。

    コメント by sato — 2013年8月29日 @ 6:08 PM

  2. お役に立ててなによりでした。MG6330の底値は14,500円程度。すでに在庫切れ、あるいは値上げに転じたネットショップもあるようです。

    コメント by junky — 2013年8月29日 @ 10:03 PM

  3. 「複合機 MG5530 (白、黒あり)」と有りますが、「白、黒あり」は「黒のみ」の誤りです。「従来ブラックのみだった本体カラーは、新たにホワイトを追加。」http://www.excite.co.jp/News/pc/20130827/Cobs_ip_201308_2013—mg6530.htmlなどを参照されたのかもしれませんが、キヤノンに問い合わせると「黒のみ」との答えでした。なお上記URLの基となったマイナビニュースhttp://news.mynavi.jp/news/2013/08/27/102/は昨日(8月29日)の時点で「本体カラーはブラックの1色で展開。」と変更しています。

    コメント by 丹藤 修二 — 2013年8月30日 @ 4:50 PM

  4. MG6530は黒のみでしたね。MG5530は、白黒ありますよ。

    コメント by junky — 2013年8月30日 @ 9:07 PM

  5. 私も発表を知ってから即MG5430を買いました。

    今回のMG5530の変更は、たぶん前の機種MG5430(5色)がMG6330(6色)より売れて、インクで儲からなかったためと推察しています。
    (一時期、上位機種と下位機種の最安値が逆転してましたからね。)

    無理やり上位機種MG7130を作って、MG5430の後継機MG6530という形にして、インクを5色→6色にさせたんだと思いますよ。

    なんとしても5色を選んでほしくないから、なりふりかまっていないんでしょう。

    コメント by とおりすがり — 2013年9月3日 @ 11:53 PM

  6. 全くその通りで、買う前にこれを見れば良かった

    コメント by ほんとに — 2013年10月3日 @ 11:39 AM

  7. ここにたどり着いて良かったぁ
    6330にしました!ありがとう

    コメント by A.Lucky — 2013年10月23日 @ 1:46 PM

  8. 急ぎだったのでよく調べずにMG5530を買いました。使用目的としては十分なのですが、ここを読んで地味に後悔しています(笑)

    コメント by 下調べ大事 — 2013年11月10日 @ 2:37 AM

  9. ここ見て6330買いました。ありがとうございました。

    コメント by aks — 2013年11月10日 @ 7:43 PM

  10. 8番さんと同じで私も急ぎで、店頭でプリンターがたくさんある中、何がいいのかさっぱり分からず物色してましたが、メーカーブランドと手ごろさで選んでしまいました。
    使用目的は満たしているので問題ないですが、いろいろ口コミ観てると、ショックが大きくて、勝手に憤りを覚えております・・・w

    コメント by うーむ。 — 2014年1月2日 @ 5:33 AM

  11. 今更だけど一応補足
    MG5530を使ってみての利点
    ランニングコストはMG5430より実質安くなってます。どうやらノズル数が少なくなってウォームアップで使われるインク量も少ないみたいです。
    実際にウォームアップでかかる時間も短くなってますし。
    1日1枚って形で印刷する人ほど利点があるのではないかと。

    もちろん無くなった機能(画質の低下、SDカード、DVDレーベルプリント、全面トレイでは無く全面手差し給紙)もあるから、合う人は限られますけど。

    コメント by きん — 2014年3月17日 @ 2:21 AM

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net