2010年7月10日

B9180廃棄するか、それともまだインクを買うか?

こいつのジャンクを手に入れたのは一年以上前だ。
ライトマゼンダがインク切れだったので購入+キャリブレーション用にプレミアム用紙も購入。
これだけで5000円以上かかってしまった。やれやれである。
数十枚のプリントののちグレーインクがきれて、それから置物と化している。
また、安くインクが手にはいったら使ってみるつもりはあるが。

画質は悪くないが、インク代が高くて使い続ける気にならないプリンタだ。
ここ数年のHPの大型インクジェットとビジネスインクジェットは同じ構造のインクシステム、プリンタヘッドを使っている。
B9180のプリンタヘッドは大型のZ2100、Z3100などと共通だ。
ひとつのヘッドに2色のインクノズル。これが4セットで8色。
ドットはやや大きめの6pl。ただしライトインクのシアンとマゼンダのみ4plとのこと。
とはいえプリントではざらつきは感じない。
プリンタヘッドには、あらかじめインクが結構入っている。仕組みはなかなか複雑。

発色は素直で安定している。マゼンダかぶりのひどくない4000pxといったところ。
人肌なんかは自然な感じで赤みがつくのでいい感じ。
影の部分に変に色がつかずにスカッと無彩色になるのと、ややコントラストが強い性で、強い印象のプリントができる。
なんとか、フチナシプリントもこなす。印刷スピードはライバル機より早い。
マットブラックは濃くていいが、こすると落ちる。

ヤマダでは最初から見た事ないし、ビッグやヨドでは販売していたが、最近では見かけなくなった。
本体を販売しているところもネットではすでに皆無。終焉でしょうかね。
あとは、持ち主としては、インクやプリンタヘッドの投げ売りを待つぐらい。
処分しようにも値段がつかないし。

プラジール楽天店にて、HP38インクを複数発見してしまった。1個1000円かあ。
8色買っても8000円。減りの激しいグレーとライトマゼンダ、ライトシアンインク、イエローは2個づつとしても、12000円。
うーん悩む。悩んでいるうちに売り切れてくれれば、あきらめもつくけれど。
500円ぐらいまで下がれば即買うんだけどな。ケチすぎるか。せめてポイント10倍セールまで待つか。


プラジールでB9180のインクが1000円

2件のコメント »

  1. B9180廃棄されましたか?
    はじめまして、Siro Kogaと申します。A3プリンタを探していてこちらのサイトにたどり着きました。B9180をまだお持ちであれば、適価で譲って頂けないかと思い、コメントをさせて頂きました。どうぞよろしくお願いします。

    コメント by Siro Koga — 2011年3月28日 @ 2:18 PM

  2. 今現在持っている人の修理用とか、予備にはいいかもしれませんが、新規にB9180は止めておいたほうがいいのでは?

    コメント by junky — 2011年4月25日 @ 1:03 PM

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net