2016年10月28日

au Qua tab 01を今さらながら白ロムで購入しました。

このところ1か月ほど、メルカリとラクマをウオッチし続けて、もう少しで購入というところで、先を越されてましたが、タイミングよく1万円ぐらいでQua tab 01をゲット出来ました。ほぼ未使用、白ロムです。契約後半年以上経過していた白ロムだったので、auショップに持ちこんでSIMロックも解除しました。

初期の製品は、ボディが剥がれるというワナがあるようですが、とりあえず黒丸のシールがついてたから大丈夫かな。後はエレコムのワケアリショップでカバーを購入。ここまでで合計15,000円弱です。

SC-01Eが限界

家族用に使っていたSC-01Eが、ゲームとかするとすぐにアプリがリブートするような状態で、これ以上使うのは無理と判断したのもあります。いいタブレットだったのだけれど、3年半という月日には勝てなかった。

アップデート&アプリ無効化

システムアップデートがあったようで、当てました。調子よくなるようです。後はひたすら不要そうなアプリを無効化して、Antutuでベンチマーク。37000ぐらいでした。特に操作のモタツキ感は気にならないけれど、起動時間はかなり長めですね。

機内モードでWiFiのみにすると、バッテリーの持ちがいいようですが、確かに待機中のバッテリーはほとんど減りません。その代りに、電源オン時にSIMを探してますみたいな表示のループがしばらく出るようになります。その場合、解約済みのSIMでもいいので、挿しておくと表示がでないようです。購入した白ロムに、解約済みのauのSIMが挿したままだったのですが、その状態だと問題ありませんでした。

UIは最近お気に入りのZEN UIにして、アースをセレクト。

SPモード復活

ヤフープレミアム会員向けのイーモバイルの500円回線を契約して、SIM挿して使おうと思ってましたが、よくよく考えるとドコモの音声回線を2つ寝かせたままです。あと10ヶ月は回線を維持するので、SPモードを1つ復活させました。これで300円で外でも使えるようになりました。来月からはメイン回線のカケホーダイをカケホライトにするので、差し引きすれば-700円と安くなります。

ドコモのSIMは最初はうまくいきませんでしたが、設定でSIMのステータスを有効にしてから再起動したところ、特にAPNの設定もせずに、通信できました。自宅近辺はLTEを掴んでいます。

液晶がTN?

まさか、今どきのタブレットやスマホでIPS以外の液晶を使う事があるとは考えられなかったので、ノーチェックでした。わずかに色味の物足りなさやコントラストに不満があったので、調べてやっとわかった次第。でも視野角とかあまり悪くはありません。むしろSC-01Eが有機ELで、ド派手だったから余計に差を感じたのでしょう。

というわけで、一年振りに、新端末で遊べたのですこしだけ欲求不満が解消できました。でもまだ全然食い足りないですね。今現在、タブレットで一番といえば、これでしょう。どこも入荷待ちです。


カラーがブラックだけというのが惜しいですね。やや無骨な印象。ZenPad 3 8.0 Z581KLのCPU Snapdragon 650は、かなり優秀なようです。810と同等の性能で低発熱との事。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

All rights reserved in zatu100.guntama.net